暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

教科書展示会

 8月に中学校の教科書採択があるので、図書館で教科書展示会をやっていました。火曜日に西荻図書館に行ってきました。部屋が冷房で寒かったし(節電モードになっているのだが、私はいつも冷房なしの部屋にいるので敏感になっている)、長い間座っていられないので、1時間くらいしかいられませんでした。歴史だけで9社(大阪書籍がつぶれたがどこかの出版社で引き受けたと思う?)。育鵬社と自由社(2005年には扶桑社だったが、その後「つくる会」が分裂し、2つの会社からだしている)と清水書院と帝国書院をぱらぱらとめくっただけ。(注:「3学年ある」と書いたのは誤りです。歴史・公民は学年別ではありませんでした。国語、数学、英語は学年別ですね)。

 教科はほかに、国語、数学、地理、理科、英語、音楽、美術、体育、家庭、書写、地図・・・?? 全部で何冊あるのか? 何百冊です。

 もともと「新しい歴史教科書をつくる会」が登場するまで、教育委員は現場の教員がよいという教科書を選んでいた。そのやりかたではとてもとても「つくる会」が採択される可能性はないので、「つくる会」はありとあらゆるところに圧力をかけて、自分たちの教科書が採択されやすいように制度を変えてしまった。

 もっともわかりやすい例として、教員の意見は形式的に調査するが、教育委員は自分の判断で教科書を選ぶことにした。だから、その採択地区の教育委員の過半数を「つくる会」支持の教育委員に入れ替えれば、教員がどんなに反対していようが、「つくる会」が採択される。教育委員を任命するのは自治体の首長なので、首長が前杉並区長山田宏のように極右であれば、教育委員会は「つくる会」で占められてしまう。石原知事が極右なので東京都教育委員会が極右になってしまったのもこの原理による(東京都教育委員会はなんでこんな奴を教育委員にするのかというようなまったくの素人ばかり)。

 47年教育基本法第10条は戦前の国家主義の教育を反省し、「(国家や政治の)教育への不当な支配」を禁じていた。上記の改変は教育基本法が改悪されるまえにすでに行われたので、47年教育基本法違反である。私たちはこのことの象徴として、安倍晋三を提訴したのである。

 話を戻すと、教育委員が自分の判断で教科書を選ぶといっても、あらゆる教科の何百冊に及ぶ教科書を全部読んで各社比較するなど、神でない限り不可能である。全科目が専門である教育委員などいないだろうし、だいたい全部読むだけの時間がないと思う。

 どの教科書が教えやすいかを一番よく知っているのは、当たり前だが、日々教科書を使っている教員なのである。なぜ生徒を教えることもない教育委員の選んだ教科書を使わなければならないのか。実際、杉並区では歴史のみならず、数学までも教育委員の気まぐれで、いままで使いなれていた教科書を突然使いにくい教科書に変えられて、大変な苦労をしたと聞いている。

 だいたいいまどき「教科書検定」があるのは日本ぐらいなのでは? 欧米では公立学校においても教員が自分の使いやすい教材を選んでいるそうだ。ユネスコ憲章は教員が教科書を選ぶ権利をうたっている。

 ていねいに比較する時間がなかったので、アンケートには「教育委員は何百冊を読み比べることはできない。教科書を選ぶのにふさわしいのは教員。教員の意見を尊重した採択を」と書いてきた。

 むかし養護施設の中3の子どもにおもに数学と英語を教えていたので、いまはどうなっているかとちょっとみてみたら、驚き! 英語の教科書はマンガ、イラストだらけで文章は各ページの4分の1~3分の1。これは2、3歳の幼児向けなのか? 中3をばかにしきっている。むかしの教科書はまだ字が多かったような気がするのだが・・・。

 
[PR]

by lumokurago | 2011-06-30 17:44 | 子ども・教育
<< 読み比べ その3 東電株主総会 続報 >>