暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シーザー、8時間の失踪

c0006568_1415996.jpg
  今朝の5時頃、「ギャオギャオ」という猫の声に飛び起きて勝手口のドアを開けると、いつものチャトラ猫が大慌てで逃げていくところでした。この猫は庭ばかりでなく、ずうずうしくうちの中にまで入っていたことがあり、シーザーが時々やられてくる相手ではないかと想像していました。勝手口から庭に回ると、まだそこにいて、私が「コラア」と言うと、ようやく去っていきました。
 あの声はやられたシーザーの声ではないかと思ったのですが、シーザーの姿はなく、その時はそれで終わりだと思って、また寝なおしました。
 
 ところが、朝、いつもご飯の催促をするシーザーが戻ってこず、9時になっても、10時になっても現れないので、これはおかしいと、近所を探しに行きました。「シーザー、シーザー」と呼びながら歩き回りましたが、見つかりません。
 最近、少しぐらい本を読んでも大丈夫かと『ハラスのいた日々』(中野孝次)を読み始め、昨晩は左目がすごく痛いのに右目だけで読み、ちょうどハラスが失踪した場面だったので、虫が知らせたのかと、気が沈みました。

 昼、夕べから熱を出している父の昼食を食べさせに、近所(歩いて3分)の特養に行き、その行き帰りにもシーザーの名前を呼んでいたのですが、帰り、「シーザー」と呼ぶと、向こうに猫のシルエットが見えるではありませんか。シーザーでないことはすぐにわかりましたが、追いかけていくと例のチャトラ猫で、うちからは1本離れた道路のかなり先の家に入っていきました。この家の猫なのかどうか、ここからうちまで来るなんてずいぶん行動範囲が広いんだなあ。もし、シーザーがこの猫に追いかけられて逃げるのに夢中になって、うちがわからなくなるほど遠くに行ってしまったとしたら・・・。

 などと考えながら、帰ってみると、シーザーは8時間ぶりに帰宅していました。良かった。こんなに家を空けたのは初めてでした。帰ってきたシーザーはどこかいつもと違い、人間のそばを離れず、呼べば返事をし、私が「遠くに行っちゃだめだよ。絶対におうちに帰って来るんだよ」と言い聞かせるのを猫なりに理解したようでした。何か恐ろしい体験をしたような様子でした。いったいどこに行っていたんでしょうね。
[PR]

by lumokurago | 2005-05-01 14:46 | ねこと鳥 (cats&birds)
<< 小笠原・父島・コペペ海岸 (K... 脱線事故は日本人ひとりひとりの責任 >>