暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

残暑お見舞い

 お暑うございます。世の中はお盆休みですね。旅行中のかたもいらっしゃるでしょうか。

 私は元気でひさしぶりに超簡単な料理もしました。なんだ、できるじゃないか。(一定時間立っていられるということです)。今日はチビが蚊取り線香の灰をこぼしてしまったため、なんと!(私にとっては)重い重い掃除機も運んで(そこだけですが)掃除しました。怪力、でました。(いま、ゆうべ来なかったチャー吉が来ました)。

 むかしの手紙はだいぶ処分させていただいたのですが、残りの整理をまたはじめました。むかしはみんなよく手紙を書いたなあ! すごい量ですよ。思い思いの便せんに一字一字手で書いた手紙、時間をかけて考えながら書いたのでしょう。絶対にメールとは違うと思います。ただキーを打つ気軽さ、便利さ、速さによって、あのような根気、もう私にはなくなってしまいました。人間の頭の構造、思考回路自体が変わってきたかもしれません。

 東京新聞に高校の先輩の投書が掲載されていました。「インターネットの世界に足を踏み入れるのは、全世界の前に、自分が裸で立っているようなものだと思った」とあります。アナログ派の先輩はよく手紙をくれます。暗川を印刷郵送していたときは読者だったのですが、ネットをやらないのでブログは読めず、申し訳なく思っています。私にはパソコン拒否、ネット拒否の友人が多くいます。そのなかには憩いの家(自立援助ホーム)の武田陽一さんがいて、いまだに手書きの通信をだすことにこだわり、いつもちょっぴり自慢しています。

 私は長い間暗川を手書きで作ってきましたが、いつも腱鞘炎と頚碗症候群&テニス肘で背中から腕が痛くて大変な日々を送っていました。そこに登場したのがワープロです。はじめは抵抗があったので、親切な友人が半分位打ちこんでくれていましたが(残り半分は手書き)、その余りの楽さに自分もすっかりワープロ派に。切り取ってしまいたいほど痛かった背中や腕はウソのように治りました。

 それでもパソコンは拒否したかったのですが、修士論文を書くために統計処理が必要で、仕方なく始めました。

 いまではあまりの手軽さに手で文字を書くことはほとんどなくなってしまいました。人間は易きに流れるなあ。武田さんはえらい。

 先輩の投書についてですが、私は宛先限定とはいえ、長い間暗川に自分をさらしてきたので、ブログにはあまり抵抗がありません。ほんとうはworld wideなので誰がみているかわからないのにのん気ですね。でも一方で、ネットをやっていなければつながれなかった人たちとたくさん出会うことができたので、よかったと思っています。

 暗川を郵送していたときは、たくさんの読者から手紙をいただき、それを次号に掲載して読者間の交流に拡がっていきました。顔のみえない読者のかたがた、できることなら(匿名であっても)コメントで交流できたらうれしいです。コメント大歓迎です(区民さんは除く)。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-13 18:29 | きままながん患者
<< saikyouさんちの外猫が子猫を! 『負けるな子どもたち』 講演 >>