暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「非行防止・傾向と対策」 (戯曲)

「非行防止・傾向と対策」 1982年頃のもの

  人物 とある女子高校の生活指導主任(矢部)
     3年学年主任(大沼)
     科学の教師(武井)
     校長

  職員会議の席上(壁に標語などが貼ってある)。

矢部  教職員の皆さん、毎日の生徒指導、ご苦労様です。皆さんの日頃の努力の甲斐あって、わが校ではこの半年というもの、一度も警察のご厄介になることもなく、平穏無事な毎日を過ごしております。ここ2年間を見ましても、同じ中井戸警察管内にある清流女子学院、貞淑女学園に比べましても、ほぼ1割以下の非行件数を保っております。それというのも教職員からの提案により、わが校独自のユニークな非行防止対策を実施している成果であります。昨年度は、マスコミにもたびたび取り上げられ、おかげさまで今年度入学申込者は昨年度の2倍に達するなど、清流、貞淑を大きく上回る多大な評価を得ておりまして、理事長も大変満足なさっています。

  今日は新学期はじめての職員会議ですので、服装検査、頭髪検査、放課後の巡回などわが校独自の指導法について、新任の先生方にもわかりやすく説明したいと思います。

  えー、わが校では非行防止のため他の学校に先立ち、さまざまな画期的な対策を職員一丸となって実行してきたわけですが、昨年は都内でもはじめて、タイム・レコーダーを導入するという試みをいたしました。これは生徒一人一人にタイムカードを持たせ、登校した時刻、下校した時刻を打ち込み、さらに帰宅した時刻を家庭で記入させ、保護者の印を押させ、翌日各担任がチェックするというやり方です。タイム・レコーダーという最も客観的かつ正確な番人がいることにより、生徒一人ひとりの一日の動きを確実につかむことができ、非行の早期発見・早期対応にめざましい成果をあげています。

  ここに最近2年間の非行件数を月別にグラフにした表がありますが、これを見ましてもタイム・レコーダー導入後の非行の激減が明らかとなっております。問題となっているのは、家庭で生徒をかばってウソの帰宅時間を書きこんでいるという例ですが、それは保護者の責任と言うべきでしょう。私ども学校は、一切知らないことなのですからあまり騒ぎ立てないように。学校に残る公式記録が申し分のない帰宅時間になっており、保護者の印もあれば「疑わしきは罰せず」とも言いますように、それらしいと思うことがあっても深く追求しないようにしてください。

  一人の生徒にあまり深くかかわるとあとが大変面倒です。大事なのは公式記録なのですから、そのへんお間違えのないよう。

  それよりも何よりも一番問題なのは、タイムカード自体に非協力的な家庭ですが、その原因が親の思想であれ怠慢であれ、非常に困りますね。この場合には、わが校の教育方針に協力できないならば、即刻おやめになって結構ですよ、と言ってもよろしいから、必ず協力させるようにしてください。
  大部分の保護者は、タイムカードができてから娘の行動がきちんと把握できるようになり、それを学校の先生方に確認していただけるなんて、これ以上の指導はないと手放しで喜んでおられるのですから、非協力的な家庭には強硬にやらせて下さい。

  また、職員の皆様のご協力を得まして、駅周辺の盛り場の巡回を行なっていますが、昨年度、まことに残念ながら、巡回中姿をくらます職員がおりました。えー、このようなことになりますと、巡回に巡回をつけると言う措置を取らざるを得ないわけで、(意味ありげに)ハハハ・・・よろしくお願いいたします。

  では、私の話はこれで終わりまして、次に3年の学年主任の大沼先生の方から、パーマについて新しい提案があります。

大沼  パーマがなぜいけないかということは改めて申し上げるまでもありませんが、髪型に気をとられ勉強がおろそかになる、第一、風紀の乱れは子どもの心を誘惑し、悪に走らせる源となります。そこで私の提案は「天然パーマ証明書」を発行するということです。これは今まで「天然パーマよ。文句ある?」と逃げられていた生徒たちが本当に天然パーマかどうか識別するために、あらかじめ天然パーマの生徒には証明書を発行しておくというものです。

  天然かどうかを見分ける方法としては、生徒の赤ん坊の時の写真を持参させ、それで区別します。天然ならば、赤ん坊の時から縮れているはずであるからです。ただし、この際注意してほしいのは、その赤ん坊が本当にその生徒であるかを確認するということです。面影ではっきりわかる場合はよいが、あやしいと思った場合は、封印した封筒に入れて保護者に確認するなど確実な方法を取ってください。いいですね。一人でも間違えた場合、教師の権威が失墜しますのでくれぐれも誤りのないように細心の注意を払って下さい。

  また、赤ん坊の時ならまさかパーマはかけていないと思うが、赤ん坊の時の写真がないなどと理由をつけて、2、3歳の頃のを持ってきたら注意するように。2、3歳になるとおしゃれな親は子どもにパーマをかけさせる場合もあります。ですから必ず、赤ん坊の時の写真で判断するように。それから、証明書は常時携帯させること。抜き打ち検査ということもあると、生徒に言っておいて下さい。

  「天然パーマ証明書」については以上ですが、科学担当の武井先生がパーマの識別方法について研究された結果を発表なさいますので、もうしばらくご静聴願います。

武井  私は男なのでパーマについてはまったく知識がなかったのですが、科学の教師として何かできることはないものかと常々考えていました。女房の話ですと、一口にパーマと言っても、全部縮れているというわけではなく、まっすぐにするためにかける場合もあり、ボリュームを持たせるためや、髪型を整えるためにかける場合もあるそうですね。それらさまざまなパーマを、目で見るだけで識別される先生方の苦労ははかりしれないものがあると思います。

  私はさきほど「科学の教師として」と申しましたが、先日、ある考えがひらめいたのです。パーマは薬品を用いて髪の毛に変化をもたらすものであるから、何か科学的な方法で識別できるのではないかということです。と申しますと大げさですが、髪の毛を顕微鏡で拡大して見ると、組織の破壊度から最近かけたパーマはもちろんのこと、2ヶ月位以前にかけたものまではっきりと識別できることがわかったのです。このことは女房の髪の毛で実験済みですから確かです。この方法で識別しますと、今までは手に負えなかった、夏休みに入ってすぐにかけ、2学期にはとれているという場合もはっきりわかります。

 今まで先生方を悩ませてきた生徒の頭髪問題も、さきほど大沼先生から提案された「天然パーマ証明書」とこの顕微鏡による識別法でめでたく解決するのではないかと、私自身、科学の教師としてお役に立ててうれしく思っております。明日の放課後、科学教室で早速顕微鏡の使い方とパーマの見分け方の講習会を開きますので、特に3年生の担任の先生方は参加して下さい。質問はありますか?

(暗転)

  教室(矢部学級)に矢部が入ってくる。

矢部  おまえたち、なんだその頭は! 全員チリチリじゃないか。ややっ! それにその服はどうした! 制服はどうしたんだ! おまえたち、全員退学だあ!

  (そこに校長があわてふためいて入ってくる)。

校長  まあまあ、矢部先生、退学は困る、退学は。全員退学にするわけにはいかない。大沼先生のクラスも武井先生のクラスも・・・生徒全員がチリチリ頭なんだあ! わしゃあ、理事長になんと言ったらいいんだ。なんと言ったら。それにもうすぐマスコミが来るらしい。生徒が呼んだんだ。わしゃあ、いったいどうすればいいんだ・・・。ああ・・・。


  幕
[PR]

by lumokurago | 2011-08-15 16:40 | 昔のミニコミ誌より
<< 原子力資料情報室の情報を saikyouさんちの外猫が子猫を! >>