暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東京新聞、半分だけがんばる?

 今日の東京新聞、筆洗はよいです。

昭和十七年、陸軍三二師団に入営した俳優の故・池部良さんは見送りに来た父から、憲兵に聞こえそうな大きい声でこう言い聞かされた▼「この戦争は、得体(えたい)が分んねえんだ。俺なんかにでも納得できる戦争なら、お前にも死んで来いと言えるが、得体が知れねえで、ただ天皇のために奉公しろったって、そりゃ聞えませぬ伝兵衛さんだ。江戸っ子の律義を、こんなことに使うのはもったいねえ。弾丸(たま)が飛んで来たら除(よ)けろよ」▼父鈞(ひとし)さんは風刺漫画の第一人者としても知られる著名な洋画家。父の顔を池部さんが見つめると「雪が目玉に入りやがって」と頬を伝い落ちる涙を手のひらでぬぐったという(『江戸っ子の倅(せがれ)』)▼池部さんは南方で輸送船が米潜水艦の攻撃を受けて撃沈され、十二時間漂流して救出された。島のジャングルではカエルやヘビを捕らえ、それも尽きると雑草を煮て生還した▼池部さんは、東京裁判(極東国際軍事裁判)を勝者による「烙印(らくいん)」と批判したうえで、戦争を起こした陸海軍指導者の責任を日本人自身の手で追及すべきだった、と語っていた▼戦後、冷戦が始まり、日本の指導者の戦争責任はあいまいになった。新聞は自らの責任に向き合わず、民主主義の礼賛に転じた。「第二の敗戦」ともいえる福島第一原発事故の責任をどう追及していくのか。再び同じ過ちを繰り返してはならない。

*****

 しかし社説「福島の被曝調査 気を抜かず健康守れ」では「積算被曝線量が一〇〇ミリシーベルト以上になると、発がんの確率は高まる。それを下回るようだと、喫煙や飲酒、肥満といった生活習慣の方がむしろ危ないという見方がある。それでも、低線量だから無害だという話にはなるまい。子どもは大人よりも放射線の影響を受けやすい。旧ソ連のチェルノブイリ原発事故では、四~五年して子どもの甲状腺がんが増えた。福島県は三十六万人の子どもの甲状腺検査を一生続ける。がんの早期発見の決め手になる」と書いている。

 被ばくによるがん死増加にしきい値はないのにいまだにこの書き方は許されない。また、このあいだも書いたが子どもの甲状腺がんが増えたからといって、検査を繰り返してみつければ切除してしまうというのは非常に乱暴な話だ。そのうえ、甲状腺を切除してしまえば、甲状腺ホルモンを一生飲み続けなければならなくなる。甲状腺がんのほとんどは放っておいても悪さをしない「がんもどき」なのである(もちろんだからといって被ばくしてもいいと言っているのではない)。

 いまだに「がんの早期発見」などと言っているのは笑止千万である。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-16 11:16 | 原発
<< オタマジャクシ (戯曲) 原子力資料情報室の情報を >>