暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ガラクタ経済から脱却を (ダグラス・ラミス)

 ガラクタ経済から脱却を (ダグラス・ラミス) 朝日新聞2002.1.5

 不況が続く中で、日本では人々がモノを買わなくなったことが問題になっている。現在、ほとんどの日本人は、本当の意味での必要品は手に入れている。それなのに、もっと買わなければ不景気は直らない、と経済学者や政治家はいうのである。経済制度を救うために、必要ではないもの、つまりガラクタ、を買わなければならないということだ。

 この「ガラクタ原則」は現在の経済制度の基本的な逆説を指している。つまり、経済制度は本来私たちに生活の必要品を提供するためにあるはずなのに、この経済制度をうまく機能させるために私たちは必要でも欲しくもないガラクタを買う義務がある、といわれているのだ。そして、このガラクタを買うお金を稼ぐために、私たちは残業しなければならないし、このガラクタを生産するためにだれかが長時間労働に苦しまなければならない。

 もちろん、このガラクタを生産するためには資源を必要以上に消費することになるし。環境をますます汚染したり、破壊したりすることにもなる。さらに、このガラクタ消費経済を守ために、「普通の国」になって軍事力を持たなければならないし、戦争もしなければならないらしい。

 私たちは、経済が発展すれば労働の合理化によって労働時間は短くなり、余暇が増えると期待させられてきた。しかし実際は、世界の最も成功してきた(といわれている)経済大国、米国と日本での労働時間は、国の経済が成長すればするほど長くなり、不景気の時だけ短くなる。こうした長時間労働が、過労死をはじめ、家庭生活、市民社会、政治文化、そして文化そのものに破壊的な影響を与えていることは明白だ。

 「もっともっと消費をせよ」という人は、日本社会の問題を分かっていない。問題は、より質素な消費文化になっても崩れない経済制度に変えることは可能か、ということだ。

 言い換えれば、消費は今後、経るに決まっているが、それが「質素」になるか「貧乏」になるか、ということだ。

 日本列島に住んでいた人々の本来の考え方、感じ方、付き合い方、楽しみ方、価値観が消費優先の産業社会のモラルにとって代わられ、現在の制度になった。その後も激しい変化は続き、それが今の段階で止まることはないだろう。しかし、こんな制度がこのまま長く続くわけがない。

 問題は、人々がそのことを理解して、意識的に、意図的にそれを変えるか、それとも相変わらず、残業ーガラクター残業の悪循環を最後の破滅まで続けるのかということだ。

 今、日本経済はマイナス成長になっている。それは危機でもあるが、歴史的な大チャンスでもある。マイナス成長を「行きたい所へ行けない」というものではなく、「別のもっといい所へ行く」というものに、つまり、発展が止まったのではなく、「対抗発展」が始まった、というふうに考えたらどうだろうか。

 「消費せよ」といくらいわれても、私たちは、もう、おいそれとは踊れないのである。

*****

 私がまだ児童館に勤めていた2004年頃、幼児のお母さんはこう言っていた。「父親は毎日終電。母子家庭のようなものです」 過労死が問題となるほどの長時間労働で、いったい何を作っているのか。作ったものは売らなければならない。「あれはすてき、性能がよい。ぜひ買え。買わなければ流行おくれだ」といまだに消費欲があおられている。まだ踊らされている私たち。

 私が学童クラブの仕事に就いた1970年代後半、いまほど物はあふれていなかった(それでももう十分すぎるほどだった)。「貧しい」と言われる母子家庭もいまほどかつかつしていなかった。「貧しい」なりに十分幸せに暮らしていた。時間もたくさんあった。社会全体に「物」が(いまよりは)少なかったから、買わされる物も少なく、お金もそれほどいらなかったのであろう。

 1980年頃、フィリピン人のお母さんが「子どもをサッカークラブに入れたら、ユニフォーム、ボールなどで3万円もかかった。フィリピンではこんなことはとても考えられない」と言っていた。彼女の日本人の夫は亡くなり、彼女ははじめ日本語もできず、大変な苦労をしたはずなのに、「自分は日本で母子家庭やってるが、お金が余っている」と言っていた。

 昔(1970年代後半)と今を比べると、親も子も昔のほうが絶対に幸せだったと確信している。物はこれ以上いらない。人を幸せにするのは物ではない。それなのに(財界はもちろんだが)政治家もマスコミもいまだに(原発事故があってもなおである)経済成長は必要だと言いふらしている。気が狂っているとしか思えない。不景気でよい。不景気のなか、どうやって社会を維持していくのか、それを考えることに知恵を絞らなければならない。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-25 16:38 | 社会(society)
<< 今日のチビと兄ちゃん ”よそ行き”で接する家族 >>