暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いちど視たもの 茨木のり子

 いちど視たもの ――1955年8月15日のために――   茨木のり子


 いちど視たものを忘れないでいよう

 パリの女はくされていて
 凱旋門をくぐったドイツの兵士に
 ミモザの花 すみれの花を
 雨とふらせたのです・・・
 小学校の校庭で
 わたしたちは習ったけれど
 快晴の日に視たものは
 強かったパリの魂!

 いちど視たものを忘れないでいよう

 支那はおおよそつまらない
 教師は大胆に東洋史をまたいで過ぎた
 霞む大地 霞む大河
 ばかな民族がうごめいていると
 海の異様にうねる日に
 わたしたちの視たものは
 廻り舞台の鮮やかさで
 あらわれてきた中国の姿!

 いちど視たものを忘れないでいよう

 日本の女は海のりりしさ
 恥のためには舌をも噛むと
 蓋をあければ失せていた古墳の冠
 ああ かつてそんなものもあったろうか
 戦おわってある時
 東北の納付が英国の捕虜たちに
 やさしかったことが ふっと
 明るみに出たりした

 すべては動くものであり
 すべては深い翳をもち
 なにひとつ信じてしまってはならない
 のであり
 がらくたの中におそるべきカラットの
 宝石が埋れ
 歴史は視るに値するなにものかであった
 
 夏草しげる焼跡にしゃがみ
 若かったわたくしは
 ひとつの眼球をひろった
 遠近法の測定たしかな
 つめたく さわやかな!
 たったひとつの獲得品
 日とともに悟る
 この武器はすばらしく高価についた武器

 舌なめずりして私は生きよう!
[PR]

by lumokurago | 2011-08-31 18:22 | 平和
<< ドイツZDF-Frontal2... 反ひのきみの詩 >>