暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Y氏への便り 1988.9.21

 これは特に工房うむきさんに読んでほしくて掲載します。

 (前略・中略)

 児童館で今度「秋まつり」というのをやることになっていて、そこには子どもたちが自分で作った物をお店の品物としてだすのです。その中に紙粘土で作るグループがあり、児童館の職員がかわいい(?)ネコやイヌの型を買ってきて、「これで作ればいい」と言い、クラブの私の相手の職員も何の疑問も持たず、それでいいと信じきって、子どもたちにただ、紙粘土の型抜きをさせています。私は鳥肌が立ったけど、彼女たちがそれでいいと信じきっているので、口が出せず・・・今頃頭に来ているわけです。

 どんなに下手でも子どもが自分で作った物の方がいい!

 みんな同じ型抜きだなんて。なんてバカにした話なんだ。「ダンゴ」でも作った方がまだいい。ダンゴだってその子によって大きさも形も違うはずだから。その子の表情が出るはずだから。

 うちの両親がこの話を聞いたら、怒るだろうな。私はぬりえが好きだったのに、うちの父は断固としてぬりえを禁止していたのです。どんなに下手でも自分で描けと言って。

 児童館や学童クラブでは、おたよりに市販のカット集からそれらしいかわいらしいカットを写して載せることが普通になっています。私はそういうのは好きではありません。オリジナルを描くことができないなら、カットなんていらないと思います。

 だから絵の下手な私の作る通信は字ばかり。でも<関係>のおかげで、子どもが原稿を読んでくれてカットを描いてくれます。その絵を通信に載せています。

 「本」ってそうやって作るものですよね? (後略)

 山口泉様     渡辺容子  1988.9.21

 
[PR]

by lumokurago | 2011-09-28 18:58 | 昔のミニコミ誌より
<< チャー吉と2にゃん Y氏への便り 1987.12.20 >>