暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

赤井宏之氏の新作です

サヨナラ
   



五十八の誕生日に五十四のユカシから

「おめでとう、あとしばらくは大丈夫だ」

ユカシのまわり五十七で亡くなる人が多いとか・・・



週に一度、ユカシとともに昼ご飯

いつもは「よし庵」その日は「つるや」

「ケイジも誘えばよかったな」

爪楊枝シーシーの帰り道、用水路に遊ぶカワセミ一羽

「すぐにケイジに報告しよう」



月曜日長い会議を終えた後、自転車漕いで家路へ向かう

ケイジを襲った心臓発作 五十七でケイジは消えた



煙草ふかしてケイジを偲ぶ

くそう、抗えないものが運命ではあろうけれど

くそう、くそう・・・上を向いてもこぼれる涙



ケイジはあの世からタカの渡りを見ているだろう



 

夕暮れ




「だいぶ ようなったね

歩いてる姿見て そう思った」

声掛けられて爺さんは、帽子のつばに手をやって

にっこり笑って散歩を続ける

夕刊配達のバイクが二台

「お疲れ」と声掛け合ってすれ違う



友呂岐緑地を抜けて神田(かみだ)の旧道

ゆっくり我が家へ向かう僕は

「無病息災、一病息災」と呟いて

何一つ言い残すこともなく

突然この世から消え去った

一つ年下の同僚を思う

血圧が少し高めと聞いてはいたが・・・

「無病息災、一病息災」




*****

 先に逝く者としては複雑な心境ですが・・・。残される人には・・・ごめんなさい。
[PR]

by lumokurago | 2011-10-17 17:42 | 未分類
<< 内海さんの写真より 甘えんぼの2にゃん >>