暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Dr.K診察日(2回分)

 先週の金曜日と昨日の水曜日(これは突然)、診察があった。

金曜日の相談の結果

 いま行っている「坐骨+大腿骨」は、まだ痛いのでつづける。左上腕骨は痛くなくなったが、ついでにつづける。左足の麻痺の原因病巣がはっきりしないが、いまのが終わったら、第2腰椎までのあやしい部分に10グレイ、広くかける。私から、肝転移は放置でいくことにしたと報告。

 おもしろかった話――慶応病院のシステムが1月からぜんぶ変わってしまい、電子カルテになってしまった。私がそのことを言ったら、Dr.Kは「カルテも患者が書けばいい」と。賛成である。Dr.Kのもとでは、患者は自分の病気の主治医なのだから。

水曜日の相談の結果

 左上腕骨はまったく痛くなくなったので、中止。「坐骨+大腿骨」は予定の15回より1回少ないが、あと2回(計14回)、あさってで終了。来週の月曜日からは、胸椎の下のほうから腰椎にかける。腰椎にかけると肝臓にもかかってしまい、肝転移の大部分が含まれている。照射計画では肝転移全体にかけるようにした。それでいいかと聞かれました。

 渡辺:えっー! このあいだ肝転移は放置と決めたのに。
 近藤:(照射計画の紙をみせながら)大部分には必然的にかかっちゃうんだよね。
 渡辺:(肝転移が腰椎から)はみでているのは少しなんですね。じゃあ、しょうがないか。計画を作り直すのも大変だし。もう、運を天に任せるしかないか。なるようになる・・・。じゃあ、それでいいです。

 というわけで、肝転移にも照射することになってしまいました。

 Dr.Kには私が望んでいないのに勝手に延命しようという謀略があるのでは??

 私が右の胸が痛いと訴えたところ、もう一度第5胸椎にかけようかという話もでたのですが、かけすぎになるらしく「麻痺がでたら大変だ」と、中止になりました。肋間神経痛は薬でコントロールするしかないと決まりました(神経ブロックという手が残っている)。

【追記】 この神経痛は一番痛いところが治まると、さきほどまでまったく痛くなかった2番目、2番目が治まると3番目と順序を変えて痛みの場所が移っていくのです。まいっちゃうなあ。

 肝転移が小さくなっているあいだに、肺転移が育って、呼吸困難になったり苦しくなったら、早々にDr.Aに眠らせてもらうと決めました。先のことはわからないけど・・・。



 
[PR]

by lumokurago | 2012-02-02 14:05 | 転移がんの治療(無治療)
<< Yさんが撮ってくれた写真 格差が生涯つづく年金制度=身分... >>