暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

容子看取りプロジェクトについて

★ 3日間TOPに出しておきます。

 容子看取りプロジェクトにご参加希望のメールをくださったみなさま、どうもありがとうございます。合計19名のかたからお申し出いただきました。なかには長年、このブログを読んでくださっていて、お会いしたことがないのに、参加してくださるというかたもいらっしゃいます。そのうちのお一人はなんと神戸在住です。

 まず、お願いしたいのは、看取りプロジェクトが私との初対面(または2回目とか3回目)になるかたは、看取りプロジェクトはともかく、ぜひ私が元気なうちに会いに来ていただきたいと思います。看取りプロジェクトがはじまるころには、病状がだいぶすすんで、あまりお話もできないだろうからです。このことはぜひお願いします。

 土曜日しか泊まれないというかたは4名でした。このかたたちは親戚や親友でもあるので、1ヶ月に1回土曜日に泊まっていただければと思います。ご近所のかたで何度泊まってもいいとおっしゃってくださるかたは1ヶ月に2~3回、そんなに遠くはない都内在住のかたは1ヶ月に1~2回、泊まっていただければと思います。

 ただ、このプロジェクトはアナログ人間の友人たちにはまだ知らせていません。いまから手紙をだそうと思っています。この友人たちのなかで、参加してくれる人がいると思います。だから各人の泊まりの回数はもっと減る可能性があります。

 また、Dr.Kが延命を企んでいるので(彼は患者には長生きしてほしいと思っていると思います。私は彼の希望を踏みにじってまで放置することはできません。延命して苦しむことがわかっていれば、その道はとらないであろうし)、泊まりが必要になるのは当初、この計画を立てたころより遅くなる可能性があります。だから時期についてはますます不透明ということになりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 プロジェクトに参加されないかたも、元気なうちにぜひお別れに来てください。
[PR]

by lumokurago | 2012-02-07 16:14 | きままながん患者
<< 緩和ケア編 その8 熊野からの便り >>