暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

児童館で処分したもの

 昨日、児童館に行ったら(幼児向けのリサイクルフェアで余った洋服の片付けー父の特養で使うお尻拭きにする)、ピアノとエバーマット(大きくて厚い体育用マット)を処分していたので驚いた。

 ピアノー子どもが鍵盤の上に登り、壊してしまった。修理に10万位かかるので、そのお金を出してまた、乱暴な使い方をするくらいなら処分した方がいいと判断。(毎年毎年乱暴な使い方をして壊れたところを修理している)。

 エバーマットー本来の使い方でなく、立ててあるところに登り、落ちて怪我をした。いつも登らないように言っているのに全然直らない。危険なので処分。
 
 両方共、職員は反対し、館長判断だということだが、私は大賛成だ。

 もともとピアノのような高価な楽器は児童館には必要ない。ほとんどの子どもはストレス発散のためひどい騒音を出してぶったたくだけ。(ピアノの上には「ピアノは指でひきましょう」という貼り紙がしてある。これも以前は「手で」だったのだが、こぶしでたたいたりするのを注意すると子どもが「これも手だよ」と口答えするので「指で」とした)。私がいた間に「ピアノを弾く」と言えたのは唯一、ピアノの上手な中学生二人が弾いていた時だけ。そのふたりは家にピアノがあるので、ここにまで必要ない。
 ほとんどの子どもにとって、児童館におけるピアノは「物を粗末にする」代名詞でしかない。そしてピアノが「騒音製造機」になってしまうなんて、ピアノがかわいそうすぎる。

 エバーマットも高価である。子どもはトランポリンやクッション代わり、またはベッド代わりに使う。ろくぼくからこの上に飛び降りたり、走ってきて飛び乗ったり、寝転んだり・・・。値段を考えるともったいないの一言。しかもこのマットの用途の半分近くは、立ててある(片付けてある)時に、上(高いところ)に登って遊ぶということだ。もちろん「登ってはいけません」という貼り紙はしてあるし、職員はいつも注意している。しかし何の効果もない。普通に考えれば、これで落ちて怪我をしたら、本人の責任である。それなのに怪我をすれば職員が謝らなければならない。「お宅のお子さんがいうことをきかないんですよ」とは口が裂けても言えない(?)。こんなものない方がいいと私は思う。

 それにしてもピアノやエバーマットのような“備品”を捨てていいとは初めて知った。知っていればもっと早くに捨てたものを!(他の職員の反対があるからだめだったろう)
[PR]

by lumokurago | 2005-07-10 20:55 | 未分類
<< 本日の花 本日のビオトープ >>