暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鎌中ひとみさんのお話・1

鎌中ひとみさん(映画監督)のお話を聞きました。

幌延(北海道)に行ってらしたとのこと。
再処理工場(六ヶ所村)の高レベル核廃棄物処理場として、実験的に掘った。300m掘ったが、泥炭層のため、地下水の噴出がすごく、その中には砒素などの有毒物質が含まれていた。掘るだけで38億円かかった。今は残土を埋めようとしている。噴出した地下水は日本で最も美しい川のひとつの手塩川に流そうとしている。その川には「イトウ」(魚)がいるそうです。(掘らなければ砒素などが地表に出ることもなかったのに・・・)

高レベル廃棄物も300年おけば多少毒性が薄まるので、埋めようとしているらしいです。300年・・・。その間にドラム缶など(?)廃棄物を保存した入れ物が腐食し、放射能がもれ出しますよね。

幌延ではこんな理不尽な「実験」が行われたにもかかわらず、処理場を受け入れようとする勢力もあるとのことでした。目先の「金」がすべての人がいるのですね。
[PR]

by lumokurago | 2006-07-03 23:33 | 原発
<< 六ヶ所村再処理工場と劣化ウラン... 日比谷公園の猫 >>