暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

白保(新石垣空港阻止)・3

c0006568_1944452.jpg
高校時代ワンゲルで、山ばかり行っていた私は、16年前に白保で初めてシュノーケリングして、海の中の美しさに驚きました。今回、きっとあの時より珊瑚も魚も減っているだろうなと思っていましたが、台風の影響で海に出られず、浜辺を歩きながら海の中を想像しているだけでした。

沖縄・八重山の海は昔より確実に悪くなっていますが、その主な原因は
1.オニヒトデの大発生(大発生の原因はいまだに不明)
2.復帰後のさまざまな開発による陸上からの赤土の流出
(「土地改良事業」によって海が汚されてしまった。現在、農家に向けて赤土の流出を減らすよう理解を求めているが、まだまだむずかしい)
3.海水温の上昇による珊瑚の白化現象

沖縄本島の珊瑚は白化現象とオニヒトデの食害によって90%が死滅してしまったと言われています。八重山ではそこまでの被害には至っていないものの、元に戻すことは到底無理で、せめて現状を維持する努力をしているということです。

ところで、小笠原・母島ではダイビングショップは漁業組合が運営しており、インストラクターの給料も漁業組合から出ています。海をできる限り傷つけないという条件で、ショップだけが儲けるのではなく、母島全体の観光事業促進のために作られました。普通、ダイビング船は海に出るたびにアンカー(錨)を打つのですが、そうするとそのたびに珊瑚が傷つけられることになります。母島では珊瑚の損傷を最小限にするため、固定ブイを作り、アンカーは打ちません。固定ブイは作る時には珊瑚を大きく傷つけますが、何度も何度もアンカーを打つよりも損傷は少なくてすむのです。

父島ではダイビングに出るたびにアンカーを打っています。それで私は父島では潜りたくない。潜る気がしません。(「いい子ぶるなよ」ともう一人の私が言っています)。

しかし、母島のダイビングポイントはどんどん増えています。珊瑚をどんどん傷つけているのです。お客さんを呼ぶためには仕方がないのだろう。

人間てなんなのでしょうね?
この美しい自然のためには人間なんて種は生まれない方がよかったのにね。

人間がどんなに自然を破壊しても、人間はいつか絶滅する。人間が絶滅して何万年か、何千万年か経ったら、また地球は自然を取りもどすそうで、それだけが私の救いです。
[PR]

by lumokurago | 2006-07-21 11:15 | 自然 (nature)
<< 臨床心理学に決定的に欠けているもの 白保(新石垣空港阻止)・2 >>