暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

戦争はいつ止めればいいの?

若い人が戦争体験者に「戦争を止めることはできなかったのですか?」「なぜ止められなかったのですか?」と聞きました。
戦争体験者は「止められなかった。大きな波のようなものが来て、あっという間にさらわれてしまった」「強制されているという感覚もなく、日本全体が知らぬ間に戦争に向かっていった」と答えました。

実際には「あっという間」ではなかったと思います。満州事変から2.26事件まででも5年間ありました。その後真珠湾攻撃まで更に5年です。でもおそらく、例えばその10年が「あっという間」と思えるほどだったということなのでしょう。

日本は戦後、憲法、教育基本法を作って、少なくとも表向きは民主主義国家、平和国家になりましたが、その後すぐからずっとずっと逆コースを歩み続けました。1983年に中曽根内閣が誕生し、右傾化が顕著になり、1999年の数々の悪法成立、小泉内閣になっての新自由主義路線の徹底、2006年9月には安倍晋三内閣誕生と最近は坂道を転げ落ちています。

自民党は「戦後すぐ」といってもいい時期から、憲法を変えたくて仕方がなかったのですが、それは市民の力によってある程度押しとどめてきたと思います。だから、今まで変えられなかったのです。そのことをよくわかっている自民党は、この間押しとどめている市民の力を削ぐ政策を進め、それは成功し、今となっては市民の力は非常に弱くなってしまいました。権力者にとっては今がチャンスです。

いいえ、チャンスというような生易しいものではなく、すでに改憲を公約とする安倍晋三が首相になることがほぼ確定しています。

権力者というのは戦争が好きなのです。儲かるから。だからすきあらば戦争しようと狙っているのです。

彼らが庶民の命など虫けら同然に思っていることを自覚せねばなりません。でなければこんな政治ができるはずないでしょう。現在、この日本では生活保護を拒否されて餓死する人が出ています。中村哲さんが「不景気、不景気って言うけど、餓死が何万人出たの?と聞いたら餓死はないだって。餓死がないならそんなに騒ぐな」みたいなことをおっしゃっていましたが、実際に餓死が出てしまいました。でももちろん中村哲さんがおっしゃるのとは違う位相で日本は危機にあります。

「戦争はどうして止められなかったの?」の答えはひとつです。みんながこわがって声をあげなかったから、または気づいていなかったからです。気づいているなら声をあげなければならないと思います。気づいていない人にはたらきかけなければならないと思います。

今、すでにその時に来ていると思います、今、声をあげなければまたくり返すと思います。「あやまちは二度と繰り返しませんから」と誓ったはずの過ちを・・・。

徴兵は命かけても阻むべし 祖母、母、おみな牢にみつるとも

命かけても阻むチャンスはまだ共謀罪もない今です。必死にならなければならないのは今です。これからもっともっと困難になっていきます。
[PR]

by lumokurago | 2006-09-10 21:23 | 平和
<< 杉並区は日本一の区 渋谷の猫 >>