暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

山崎氏は国家主義者のはず

辺見庸著「単独発言」を読んでいたら、次のような文章がありました。小泉内閣についてです。

「面差しがソフトでも考え方は乱暴ということもある。その実相は、首相就任前に、はなしくも知れた。憲法解釈を変えて集団的自衛権の行使を認めたい旨の発言しかり、靖国神社に公式参拝したいとの発言しかり。これも顔に険こそないけれども、自民党国防族の中心で、憲法改定論者にして集団的自衛権行使に積極的な山崎拓氏を幹事長に据えたことも、小泉新体制というのが、面相ににあわず国家主義的であることの証左である」

この「山崎拓」氏が昨日の発言です!!なにこれ?!

山崎氏は「自分のよって立つところは少しも変わっていない。自民党が右に動いたのだ」と言っているらしいです。

民団青年部が野中広務と加藤紘一を招いて講演会を開くというのも、「なにこれ?!」って感じ。でも、わかっちゃう。自民党って結構まともな党だった(あくまでも過去形)のですね!!

★第一回講座 特別対談
タイトル:「外国籍住民とともに考えるナショナリズム」
~2006.11.29 超豪華対談!遂に実現!歴代内閣官房長官来る!~

日時:2006年11月29日(水) 19:00~21:00(18:30開場)

場所:東京ウィメンズプラザ 東京都渋谷区神宮前5-53-67 
(JR山手線・東急東横線・京王井の線:渋谷駅下車徒歩12分・地下鉄銀座線 半蔵門線・千代田線・表参道駅下車徒歩7分・都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前徒歩2分)

出演:野中広務さん(元衆議院議員)・加藤紘一さん(衆議院議員)
進行:田中宏さん(龍谷大学教授)

内容:今、歴代内閣官房長官が伝えたいこと/過去と現在のナショナリズムの相違
外国籍住民にとってのナショナリズムの在り方/国家主義と地域主義

・影の首相と呼ばれた不世出の政治家、野中広務氏、首相候補と目された自他ともに認める政策通であり、気鋭の政治家、加藤紘一氏の二人による基調講演。
・対談の進行は日本における在日外国人の人権問題の第一人者として活躍している田中宏一橋大学名誉教授。
[PR]

by lumokurago | 2006-11-02 22:47 | 平和
<< 生田弁護士かっこいい!! 自民党安全保障調査会長さえが!! >>