暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いじめ問題

NHKクローズアップ現代で「いじめ問題」を取り上げていました。
友だちの家で友だちと話しながら見ていたので、全部をきちんと見ていたわけではないのですが・・・ずれてるう!と思いました。

一例です。出演していた専門家(名まえ不明)は「子どもたちは荒廃した言葉に麻痺している(だから日常的に使う)」と言いました。大うそです。麻痺していないから自殺するほどに傷つくのです。

今の子どもたちはストレスのかたまりで傷つきやすく(生きる力が弱い)、ハリネズミのように閉じこもって針を逆立てて自分を守っています。ハリネズミなら遠くに離れていれば傷付け合うこともないのに、そこは人間なのでやはり人間の近くに寄っていってしまう。でもハリネズミになってしまっていることで、傷つきたくないのに針で傷つけあうのです。



昔の子どもは生きるとか死ぬとかいうことについてほとんど考えたことがなかったと確信します。今日、貧しくとも暖かいご飯を食べ、温かい布団で眠れば、自然に明日が来たのです。(年齢的なこと、個人差はもちろんあるでしょうが、一般的に今と比べて)。

今の子どもはそうではありません。子どもがただ生きていればいいということではすまされなくなったからです。早い子どもは赤ちゃんのうちから水泳に通わされ、体操教室で管理され、ひどい子どもは幼児のうちから早期教育です。そして小学生のうちから競わされ、成績を上げることが求められ、評価に縛られています。

赤ちゃんなんて昔はお母さんといるか畑においておかれるだけだった(なんていうんでしたっけ、あのかごに入れられた赤ちゃん)のに、今では集団生活が求められます。集団生活は気をつかいますよね。早くからその練習をさせられるわけです。赤ちゃんや小さな幼児にとってはすっごいストレスじゃないでしょうか?

ストレスでいっぱいの子どもたち・・・根本がそこにあるので解決はむずかしい、というよりも無理だと私は思います。ストレスをなくさない限り。

いじめられている子どもはもう学校に行かなくていいし、手っ取り早く逃げるしかないという気がしています。(本当はいじめている子どもの方もどこかに逃がしてあげたい。親を含む大人の管理のない自由な空間に、そして自由な時間もたっぷりある所へ。ついでに言うけど、そこで退屈したっていいんだよ。というより「退屈」も大切なのだ。その時間にいろいろと考えたり、何よりもボーっとできるから。今の子どもにはその時間もない。すべてが効率的に割り振られて、退屈はいけないことで、その時間は大人が埋めてあげなければならず、自由時間もないから)。

朝日新聞でも「いじめられている君へ」「いじめている君へ」とかいう連載があって、著名人がいろいろなことを言っています。

その中で「いじめは昔もあった」とか「人間がある限りいじめはなくならない」とか言っている人もいます。

今のいじめと昔のいじめは全然違うものです。それに子ども自身の生きる力が昔と今では比べ物にならないのです。

もう20年以上前から私は「子どもがおかしくなっている」と言い続けてきました。それに対して「いつの時代も大人は子どもをそういう目で見るものだ」とか言う人が多かったです。

でも、そうじゃなかった。そのことは今の「いじめ」問題を初めとする子どもの状況が証明しています。

クローズアップ現代の後、別のチャンネルかもしれないけれど、クリスマスの電飾の宣伝をしていました。教育基本法が殺される今、日本はなんてのん気なのでしょう!

クリスマスなんて、今は企業の儲けのためだけにあるのです。クリスマスを祝う気があるなら、この時位子どもに物を与えず、イエスの時代の貧しい暮らしを体験させればいいと本気で思いました。
[PR]

by lumokurago | 2006-12-04 23:47 | 子ども・教育
<< 今の今、行動しましょう 誇り高き教育基本法 >>