暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おがさわら丸からの虹

c0006568_2220169.jpg
2年半前、本当におがさわら丸から虹を見ました。
2006年は未来の歴史教科書に載る年になってしまいました。どうやってすべてをやり直せばいいのだろう? 戦後すぐからのすべてを・・・
60年間を・・・

やっぱり、また国民の過半数が痛い目に遭うまで、やり直すことはできないのかなあ・・・

でもそれじゃあ、たくさんの子どもたちが犠牲になった後だ。
私たちの子どもたちが・・・

それに、「戦争のできる国」になるといっても、まず「格差社会」を完成させ、極貧の者を犠牲にするようになるので(戦争に行かなければ食っていけないようにする―今のアメリカのように)、過半数が痛い目に遭うわけではないだろう。だから、一度そういう国になってしまえば、戻ることは至難の業だろう。(アメリカのように)。

「北」の人間は(「南北問題」の「北」です。「北朝鮮」ではなく)、今でも遠い「南」の国を犠牲にして平気でいる。(「ダーウィンの悪夢」という映画が話題になっているらしいが、こんなことはずっとずっと昔からあった)。

人間は本質的に「自分さえよければ」なのだ。

・・・今頃は母島のはずだったのに・・・

海にかかる虹を見たい。
[PR]

by lumokurago | 2006-12-30 22:24 | 平和
<< 2006年の終わりに もう一度提訴する? >>