暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

また、朝日新聞がうそを書いた

2月5日付朝日新聞1面に「マンモグラフィ併用でも 乳がん「見落とし」40代3割」という記事が載りました。
マンモグラフィ(乳房レントゲン撮影)を使ってがん検診を受けても、40代では3割近くが乳がんを見落とされているので、超音波(エコー)検査を併用する検診が有効だとしています。(厚労省研究班による)。

しかし、だいたいマンモグラフィによる検診が有効であるという科学的根拠は存在しないのですから、見落としが多いのは当たり前なのです。それに、何回も繰り返しますが、乳がん検診自体に意味がありません。キャンサーネットジャパンの南雲吉則医師が正直に述べています。
下記を参照してください。去年の1月に書いた記事です。
乳がん早期発見のうそ

だから、乳がんは早期発見すれば治るということもありえず、新聞もテレビもうそをつき続けているのです。

慶應病院の近藤誠医師の患者の中には乳がんを治療せず、様子を見ている人が何人もいます。私も6年間も放っておきました。今も、右の腋下リンパ節が腫れていますが、大きくならないので放っています。もう1年以上経つかな・・・

近藤医師のところで治療した友人の中には、推奨されている治療後のホルモン剤を飲んでいない人がいます(私も飲んでいない)。副作用が大きいので天秤にかけて、自分で飲まないことを決めたのです。

何度も言いますが、日本の病院、医師、新聞、テレビなどを盲目的に信じるのはもうやめましょう。
[PR]

by lumokurago | 2007-02-06 20:52 | 医療
<< 新石垣空港建設で家を奪われるヤ... 中学生の投稿(朝日・声の欄) >>