暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

老人問題、明日はわが身

母の方は転んで2週間と2日目、今寝ている2階のトイレは和式なので、1階に降ろそうと試みています。いつまでもポータブルトイレに移るだけでは筋肉が衰えてしまうので、そろそろトイレに行くようにしたいからです。

昨日、今日と1階まで降りてきましたが、座っていると腰が痛くなるので、すぐに横になりたがり、一階に用意したベッドでは布団が柔らかいと言って気に入らず、2階に戻っています。

母の場合はもう客観的に自分を見ることができず、痛くても我慢してリハビリしなくてはならないと頭で考えて行動に移すことはできず、「痛い」「痛い」、それだけになってしまいます。年ですから要求するのも酷ですが・・・。

これから老人が増えるというのに、療養病床は20万床も減らし、在宅介護を進めると言いながら、家族の負担を減らす努力はせず(というより症状によってはどんなに望んでも在宅は選択肢にも入らない)、本当に困ることが目に見えています。

国民のほとんどはこんなことも知らないし、無関心で平気でいる。病院や介護現場が、そして体験者がもっともっとみんなに知らせるべきではないのでしょうか? マスコミにも協力してほしいものです。
[PR]

by lumokurago | 2007-05-06 22:00 | 父・母・介護
<< 病院を信頼できない上、情報が少... 人間はいつまで生きなければなら... >>