「ほっ」と。キャンペーン

暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

キャッチボールのような会話

旧友家族の家を訪ねました。5時間も歓談して、とても楽しかったです。その上、充実していました。

私は誰かと一緒にいて、こんなに楽しく居心地がよかったのは久しぶりのことでした。というのはたいてい自分が話したい人が多く、人の話を聞くことのできる人が少ないので、私はいつも聞き役になる上、全体を見渡して、「みんな話したいのに、どうして一人で話し続けるのだろう。なんで他の人に心遣いができないのかなあ」と思ってしまうからです。

私は人に話を聞いてもらうことがあまりありません。だから「書く」ことで発散させているのですが・・・

昨日は家族3人と私がそれぞれ話し、相手の話も聞いて、それを発展させる方向でまた話して・・・という理想的な話し合いでした。

自分ばかり話す人が多いのは、やはりストレスがたまっているせいなのか、余裕がないのか、性格なのか、わかりませんが、私も話を聞いてもらいたいことはあるのです。
[PR]

by lumokurago | 2007-05-25 22:26 | 未分類
<< せちがらい世の中 次回結審か?裁判官の“平目性”... >>