暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

弁論再開の要求(住民訴訟)

平成18年(行ウ)第568号 杉並区扶桑社版教科書採択に関する違法な公金支出の無効確認等請求事件

準 備 書 面 (37)

東京地方裁判所民事第2部御中

2007年7月11日

弁論再開の要求

大門匡裁判長は6月28日に行われた第3回口頭弁論で、原告の出した証人喚問要求と進行協議要求に対して、「検討します」「別の機会に行います」と述べました。しかし大門さんはその舌の根も乾かぬうちにこの前言を翻して、この回で口頭弁論を終結すると述べました。つまり今回は結審しないと匂わせて原告をだまし、安心させておいていきなり結審したのです。

原告が開廷後すぐにテープ録音の許可を求めましたが、大門さんは拒否しました。つまり大門さんは、原告をだましたという証拠を残さないために、録音を拒否したのです。

大門さんは被告が「速やかに結審してください」と言った言葉を受けて、結審を言い渡しました。なぜ原告の要求は無視し、被告のいいなりになるのですか? 完全に被告と手を結び、原告に悪意を持って原告の主張を退けたということが明らかです。

大門さん、これが「法の番人」と呼ばれる裁判官のやることでしょうか?恥ずかしくはありませんか? 大門さんも人間ならば、人間としての良心と誇りを持ってください。原告も人間です。人間対人間として誠実に対応してください。

口頭弁論を再開し、裁判官の本務である実体的真実の究明を行うことを求めます。

以上
[PR]

by lumokurago | 2007-07-14 22:05 | 杉並教科書裁判
<< 弁論再開の要求(安倍裁判) ありがたいことだ >>