暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ケアマネまでが官僚化

昨日、母のケアマネが来た。今までヘルパーの仕事として買い物の付き添いが認められていたのに、最近それもだめになったという。「杉並区独自の決定か?」と聞いたところ、「東京都と杉並区で決めた」とのこと。ちょっと意味不明・・・
(都で決めたなら都全体のはず)

介護保険はどんどんどんどん削られていく。きりがない。

母はケアマネが来るとおびえている。
「また、来るの? いやな人だね」と言い、本当に表情が固くなる。

ケアマネは母のデイサービスのところにまで「様子を見に行きました」とのこと。監視しているのである。(この通りの発言であった。失礼な言葉だ)。

私が「どんどん削る一方で、いいなりになっていると、今に全部なくなるね。あなたも大変でしょうね。成績でもつけられてるの?」と聞くと、「監査が入るんです。いつもじゃなくて、急に。私のところは今までに入ったことがないから、危ないんです。不正があるとケアマネの資格が取り上げられてしまうし、適正でなかったとなると過去にさかのぼって、自費になってしまう恐れもあります」とのこと。

私「みんないいなりになってていいのかな。デイサービスの家族会でも「困る」という声がたくさん上がるけれど、職員に言ってもしょうがないから区長に言うようにってみんなに言ったの。そしたら所長さんが「どんどん言ってください」っていってた。長い間配食サービスをやっていた『友愛の灯』っていうところが、年間200万の補助金を切られて、続けられなくなって止めたの、知ってる?」

ケアマネ「でも、デイサービスの営業所でも配食サービスをやっていますし、充実していますよ」

私「区民が長い間ボランティアみたいにしてずっとやってたところをつぶしてね」

ケアマネ「でも、民間になれば充実しますよ」

私(おまえは区長か!)「あなたがそんな弁解しなくてもいいのよ」

ケアマネ「一人暮らしの方には手厚くしています」

私「叔父が結核で福島で一人暮らししてるけど、全然手厚くないよ。週2回1時間半ずつしか来ないよ」

ケアマネ「(買い物はだめになったので)会議を開いて検討します。洗髪だけだと30分になります」

私「また会議?(みんな暇なんだなあ)」

ケアマネ「プランが変更になると会議を開かなくちゃいけないんです」

ナナナナナント、ケアマネも教育委員会と同じ答弁になってしまった!

こんなケアマネが毎月来るのである。それだけでとても気分が悪くなって、2日間位うつ的になってしまう。または、2日間くらい怒り狂う。

なぜ、「ほんとにひどいですね。私たちも大変なんです。申し訳ないと思っています」と共感できないのだろうか?

数年前まではケアマネ(別の人)は共感してくれていた。こちらの立場に立っていてくれていた。それがそのケアマネも去年位に突然向こう側に行ってしまったと感じた。

一体何があったのだろう?

父の介護の時は、ケアマネは完全にこちらの立場に立ち、こちらの意向を汲んで、一生けんめいにやってくれていた。その頃は見守りとか散歩のつきそいもヘルパーの仕事として認められていた。それでも私はうつ病になった。

家族だけで介護はできない。ヘルパーを減らし続けたら、家族が病気になってしまう。
などはただの現象だが、根本的に許せないのは、本来同じ立場の人間なのに分断され、ケアマネまでが「ゲシュタポ」になったことだ。
この国はこれからどうなるのか、考えたくもないほどおそろしい。
それは介護だけでなく、教育、医療・・・すべてが同じ。

これから「先生」も「ゲシュタポ」になる。

できることならこの国から出て行きたいと本気で思う。

後注:みなさんはすでにご理解くださっていると思いますが、このケアマネ一人を責めているわけではありません。この人が悪いのではなく、国が庶民を分断し、庶民のある部分を「国」の立場に取り込んでいることを批判しているのです。
[PR]

by lumokurago | 2007-07-28 22:13 | 父・母・介護
<< ヘルパーの仕事 投票時間の繰上げについて民主党へ要望 >>