暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

米軍再編による基地拡張に反対:岩国市長、東京・三鷹で訴え

米軍再編による基地拡張に反対:岩国市長、東京・三鷹で訴え

c0006568_20493817.jpg
 JR三鷹駅前で訴える井原市長

 8月3日、東京都三鷹市に山口県岩国市から井原市長が見えました。岩国市では現在新市庁舎を建設中ですが、米軍再編による基地拡張に反対の意思を表明したため、国の補助金約35億円がカットされてしまいました。それに対して、市民が立ち上がり、新庁舎建設の募金を行うことにしました。井原市長は1時間に渡りJR三鷹駅前で訴えました。

 その後、場所を三鷹市市民協働センターに移して映画「消えた鎮守の森」(西山正啓監督)が上映され、井原市長のお話がありました。

 「消えた鎮守の森」は基地を沖合に移設するため、海を埋め立てる土砂を取る目的と、跡地を学校、病院、公園などのある住宅地として開発するために、人々が親しんできた鎮守の森(小さな山)を削ったことを取材したドキュメンタリー映画です。跡地は住宅地としての開発が中止になり、現在、米軍住宅にするという案が出ています。

 映画に登場した森のすぐ脇に、その自然環境が気に入って引っ越してきた女性は、基地の沖合移設のためには仕方がないと思って開発に同意したが、米軍住宅にするなんて、とんでもない、住民をなんだと思っているのかと訴えていました。

 その森にはすり鉢状の広場があり、毎年みんなが楽しみにしていた相撲大会が行われていたとのことです。土地の地権者だった男性は沖合移設の土砂を取るためには仕方がない、それで騒音が軽減されるなら、また、学校、病院、公園ができるならと協力したのに、裏切られたとし、森が失われたことを悲しんでいました。

c0006568_20501052.jpg
 集会で話す井原市長

井原市長の話

 台風5号が山口に上陸して来られないかと心配しましたが、なんとかギリギリに新幹線に乗ることができました。なによりも岩国の現状を知っていただきたいと思います。

 岩国は戦後ずっと基地と共存してきました。基地に慣れきっている状態で、協力しながらやってきました。そこに米軍再編によって、厚木基地と普天間基地からジェット戦闘機が60数機やってくると提起されました。今60機いるのが一気に倍になるわけです。米兵は4000人増で、約10000人になります。120機のジェット戦闘機を抱えるとなると嘉手納基地よりも大きく、極東最大になります。

 1年半前にこの話が提起されて、びっくりしました。基地はどこかが引き受けなければならないと理解していましたが、あまりにも巨大なので信じられませんでした。大きな不安と衝撃が走り、国から騒音はひどくならないとか安全であると説明を受けても、信じられないし、納得できないと思いました。

 平成16(2004)年の3月に住民投票条例を作りました。私は議会と激しく対立していますが、その時はたまたま通ったのです。市民の声を大切にするということを政治理念にしていますので、住民参画手段として作りました。今に基地をめぐって大きな課題が出てきて、市民の意見が割れるようなことがあれば、そんな場合に民主主義の原点に帰って決めるしくみをということで作ったのですが、こんなに早く活用するとは思ってもいませんでした。

 合併前に投票しようということで2月7日に住民投票を発議しました。投票率が50%に達しないと無効になってしまうので、とてもいかないという声が大きく、「やめるべきだ」という大合唱でした。しかし合併を控え、岩国市の意思を示さなければならない、そうしなければ将来に責任がとれないと思い、決断しました。

 たった1ヶ月間に説明会を何十回も開き、重要性を訴えました。ぜひ皆さんも1回経験されたらいいと思います。選挙で人を選ぶというのは隔靴掻痒でフィルターを通してしか政治に参加できませんが、「住民投票というのは自らが町の将来を選択できる機会だ」と若い人が言いました。「行かない人には首に縄をつけても連れて行く」とか体調の悪い人も「今度ばかりは行く」という声も聞かれました。通常の選挙では得られない意義があります。58.68%の投票率で見事にクリアし、約90%は反対の意思表示をしました。ボイコット運動の中でこの結果です。「やってくれてありがとう」と言われました。

 住民投票は大事な制度で、やってみて意義がわかりました。市民が参画して「自分達で町を作っていくんだ」という意思も高められ、一つの大きな提起となりました。仕組みを作って必要な時に実施することは民主主義のために大事なことだと思います。まぎれもなく岩国の民意が始めて示されたのです。将来への明確な意思は極めて重いものでした。

 国もこの結果を尊重すると思いましたが、そうはならず、「国防政策だからなじまない」などで、逆に反発の声の方が大きいのです。主権者である市民の声を聞くのが普通なことなのに、それが通らないというのは民主主義は生育途上にあるのでしょうか? 国に考え直してほしいと交渉しましたが、いまだに平行線です。

 それどころか、今行っている新市庁舎建設工事の国からの補助金約35億円がいきなりカットされました。2年半前から工事を行っていて、今年が最後の年なのです。後から出てきた米軍再編を理由にカットするなど、相当強引なやり方で、自分なら、逆に40億にして懐柔に出るところです。2月の住民説明会でもカットは約束違反であるとの大合唱でした。何か約束しても守られる保障がないということで、協議する意味もないということで、「そろそろいいんじゃないか」と言っていた人も大反対になりました。「北風と太陽」です。これは典型的な例で、他にもいろいろな圧力があります。

 愛宕山(鎮守の森)の住宅開発跡地を米軍住宅にという話もまた決まってはいないのですが、大きな不安です。「認めたらお金をあげるよ」と「飴と鞭」で誘導しようとしています。

 人口15万人の町で地方自治と言っても弱いです。夕張市のようにつぶれるのでは? という不安や動揺が出てきています。支援者の中には「市長、よくやったからもういいよ」という声もあります。

 「来るものは来る」「いくら反対しても来る」という人もいますが、そうならばこんなに圧力をかけてくる必要はないのであって、地元の協力がなければ基地はうまくいかないのです。アメリカもそう言っているし、国も地元の協力を重要視しています。基地の司令官もそう言っています。そうでないといざという時、うまくいかないからです。決して地元の声は軽いものではないのです。

 100%とはいえませんが、地元が納得しなければ来ないと思います。簡単にあきらめてはダメなのであって、次の世代の子どもたちが安全に暮らせるのかどうかと考えると、少々の金で取り返しのつかないことをすることはできません。あきらめては責任が果たせません。私の仕事は地域の声を届け、理解を得ていく、お金や圧力でなく、地域住民の安全安心を正々堂々と議論して、納得できる解決策を見いだしていくことです。

 合併したことによって住民投票の成果は厳密には過去のものとなり、うわさや誤った情報も流れています。「あきらめようよ、仕方ない」という声が現実には多いかもしれません。でもあきらめる政治はできません。

 カットされた35億円の問題は厳しいことになっていますが、国のやり方が間違っているんだ、圧力に負けないでがんばろうということで、募金活動を行うことになりました。募金で集まるような額ではありませんが、心意気を示そうということです。明日は銀座・数寄屋橋でも行います。

 5月に衆議院・安全保障委員会に出て、「安全安心というささやかな権利を守りたい。その声を正面から受け止めてほしい」と言いました。これは岩国のためだけではありません。国民の声を受け止めることは民主主義の基本だからです。そしてこれは地域のエゴではありません。必要な協力はしていきます。多かれ少なかれ岩国は基地に依存しており、官民上げて依存体質です。しかしこれは本当の意味での発展ではありません。今までのやり方を変えていく必要があるのです。

 市民があきらめの方向に向かっているにしても、単なる表面的な声が民意ではありません。基地周辺で苦しんできた人の声は変わっていないのです。基地に遠い人たちもその人たちのことを考えてあげる必要があります。基地周辺で苦しんできた人の声を大切にしなければならない。でなければ市長はいりません。市民にあきらめさせる政治はいらないのです。
[PR]

by lumokurago | 2007-08-06 19:34 | JANJAN記事
<< 大門匡裁判長忌避 安倍裁判・書記官忌避即時抗告 >>