暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

住民訴訟目撃証言

大門裁判長忌避申立に添付した傍聴人の証言です。

不公正な訴訟指揮に関する目撃証言

2007年6月28日の午前11時30分より東京地方裁判所606法廷にて開かれた扶桑社版教科書に関わる公金支出の無効確認等請求事件の第三回公判を傍聴し、大門裁判長の「結審」宣告に先立って原告側から「忌避」の申し立てが為されたことをここに証言いたします。

当公判の訴訟指揮に関しては、裁判長を務めた大門裁判長に明らかに第一回、第二回公判とは異なる公正さを欠いた言動が見られました。過去2回の公判では、原告、被告に陳述を求めた後、次回の日程並びに裁判の進め方に関して、双方に意見を求めていましたが、当公判に限っては、原告側がさらなる証拠提出や証人喚問、被告からの弁論を求めたことに対して、裁判長は「検討します」「別の機会に対応します」などと発言したにもかかわらず、被告の「結審を求めます」という発言を受けて、被告のいいなりに結審に持ち込もうとしました。

そして結審を警戒していた原告からの忌避申し立てを無視して、一方的に結審を宣告し、一方的に判決日を宣告して、互いの一礼も行わずに、原告、被告双方を席に置き去りにしたまま、裁判官のみが早々に席を立ち、身をかがめ早足に法廷に背を向け退出してしまいました。

訴訟指揮に疑念を抱く原告が一方的な結審の宣告を警戒して忌避の申し立てをすべく身構えて公判に臨んでいたために、結審を宣告する機を逃し、原告に忌避申し立ての発言を許してしまったにもかかわらず、それを無視して結審の宣告を強行し、書記官も裁判官の指示通りの記録しか残さなかったことは、密室法廷における裁判官による情報操作であると疑わざるを得ません。

公判開始に先立ち、原告から録音を求める請願が出されたのを却下した上での所業であり、証人から証言を求める供述公判においては裁判所が自ら録音機器を法廷に持ち込み公判を録音している事実に照らしても、当公判においては裁判官に意図的な情報操作や隠蔽の意図があったことを疑わしめるはなはだ適切さを欠いた訴訟指揮が行われたと指摘せざるを得ません。

行政を被告とする住民訴訟の公判において、裁判長が一方的に被告を利し原告に不利な訴訟指揮を強行すべく、原告住民に対して騙まし討ち・不意打ちの如き挙動におよんだ事は、司法の権威や国民の司法に対する信頼を著しく損ね、司法の政治からの独立を疑わしめる行為であったと証言せざるを得ません。

(傍聴人T他12名)
[PR]

by lumokurago | 2007-08-06 19:50 | 杉並教科書裁判
<< 私にはまだ猛暑じゃありません 大門匡裁判長忌避 >>