暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

米谷ふみ子さんの健康法

しんぶん赤旗に(私は共産党支持ではありません)、「アメリカにおける私の健康法」(米谷ふみ子)という記事があった(8月9日)。

米谷さんは言う。

「私の健康法は医者になるべく行かないことと薬を飲まないこと。ここに長年住んでみて悟ったことなのだ」

ホルモン療法を率先していた友達はほとんど乳がんになり、ピルを飲んでいた友達も乳がんに・・・、医者が薦めた薬に、何年も後で副作用の警告が出される。

「アメリカの医者は製薬会社からわいろをもらっていて薬を売ることばかりに専念している」

私がいつも書いてきた乳がん検診については・・・

「1980年代の後半ごろから、婦人科医が毎年マンモグラフィ(乳がんのX線撮影検査)を病院に撮りにいけと処方せんをくれたが行かなかった。先述のように更年期のときにホルモン療法をしなかったし、うちの家に遺伝的に乳がんになった人はいないからだ。それでも1回だけ興味本位で行ってみた。小さいお乳を引っ張って金属の板のようなものの上に押し付けその上を金属の板で押さえつけ放射線を丹念に掛ける。放射線もあぶないがあんな押さえかたをするとお乳の細胞が壊されてしまうのではないかと危惧した。

今年になってから新聞にマンモグラフィは明確でないし、放射能が危険であると何回も出た。乳がんになった友達3,4人に乳がんはマンモグラフィで発見したのと尋ねると、マンモグラフィでは出てこなくて、手で検査して分かったと言ったのもいる」

その他、副作用の例がいろいろと書いてあって、最後に・・・

「以上のごとく枚挙にいとまがないほど病人が製薬会社の実験台と稼ぐ材料になっている。不思議なことに、このように毒を造ってもうけている製薬会社が国からの助成金をもらっているのだ。多額の政治献金をしており、それも共和党にうんと払っている」

日本も同じ状況です。近藤誠さんの著書に書いてあります。

ところで、この記事を教えてくれたのは、私のがんの友達で(同じ近藤誠さんの患者・この人も共産党支持ではありません)、こんなことを言っていました。

「このあいだ、友達が肺がんの手術をして、早期発見だったって喜んでいたんだけど、説明するのも面倒だから、何も言わなかったわ。まわりの友達もみんな喜んでたし。本当は『そのがんは治療しなくても大きくならないがんだったかもしれないのよ』って言いたかったけどね」

私「わかるわかる。みんなが信じていることをひっくり返すのは容易じゃないものね」

近藤誠さんによれば、3センチの肺がんと1センチの肺がんの治療成績が同じだったという論文が発表されたそうです。

それにしても、がんを「生活習慣病」とし、放射能他の原因を隠蔽する政府やマスコミの罪の深さよ!
[PR]

by lumokurago | 2007-08-09 20:57 | 医療
<< 忌避・あまりにもひどすぎ 安倍さんを辞めさせない方がいいと思う >>