暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小笠原・父島の夕焼け

裁判に追われて空を見る暇もなくなってしまった。夏空の写真は一度も撮らなかった。台風9号が通り過ぎた日は、「いい夕焼けになるよ」って思ってたのに、見るの忘れちゃった。
だから、父島の夕焼けを借りてきます。
http://blog.livedoor.jp/tabinchu551/archives/51621464.html

このブログは父島で素もぐり・ウクレレ・星空のガイドをやっている「よっしー」(たびんちゅ)のブログ。よっしーは私がうつ病の転地療養に訪れた母島でユース(アンナビーチ母島ユースホステル)のヘルパーやってた人。私は母島に2ヶ月半くらいいた。ユースの子どもたちと仲良くなったのは無論、よっしーとも親子ほどの年の差(それほどじゃないって? 笑)を越えて気があって、いろんなこと話した。夕焼けや星を見ながら、ウクレレを弾きながら・・・。よっしーが「仕事やめてもいいんだよ」って言ってくれたんだ。「自分の命があと2年だったら、何を選ぶか・・・」って。もちろんよっしーは私が乳がんだなんてこと知らないのです。そして彼は言いました。「僕はあと2年しか生きられなくても、たびんちゅ(ガイド)をする」と。

私は母島でうつ病がよくなった上にドライアイもよくなって、これなら何か描けるかな(字はまだ無理なので絵)と色鉛筆を買ったのでした。そして大人になって初めて絵を描きました。私の父は画家ですが、私は父の血を全く引かず、学校では図工の成績が悪く、小学校の時には私の絵を先生は「悪い見本」とまでしました。それが「トラウマ」となって、自分は「絵が下手」なのだと思い込んでいました。

でも、もちろんこんなことは違うのです! 仕事で子どもたちと過ごして、絵に上手下手なんかないってわかっていました。絵は個性そのものなのです。下手でいいのです。

母島でユースの子どもたちと絵を描きました。ぜひ見てね!
http://www.geocities.jp/lumokurago/hahajima/hahajima.htm

母島、行きたいなあ! でも今は無理。
よっしー、私は仕事を辞めて本当によかったです。父に毎日会いにいけたこと、また、今、母とゆっくり過ごせること。仕事なんかしてたらストレスのかたまりできっと両親につらくあたってた。
そして「裁判」を知った。私にとっては直接子どもたちと付き合うよりも、こっちの方が向いている。私はやっぱり社会に物申せずにはいられない人間だから・・・

よっしー、やっとやりたいこと、見つけましたよ。
[PR]

by lumokurago | 2007-09-11 00:02 | 自然 (nature)
<< 大変だった 頑固一徹弁護士の本 >>