暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鈴木邦男さん「困難に戯れよ」

次は本間康二さんのHPの掲示板よりの転載です。(ここにJANJANで途中になった本間さんとの往復書簡の続きが少しあります)。
話題の元はこちら、鈴木邦男さんの「困難に戯れよ」
*****

ちょっと古くなった「困難に戯れる」についてです。遅くなってごめんなさい。

「生長の家」というと中味を全然知らないくせに、偏見のかたまりで「右翼!」と蔑んでいました。ごめんなさい。知らないものに偏見を持つのはいけないですね。つくづく思いました。まともなんでびっくりしました!

私もこの歳まで生きていると、いろいろな「困難」がそれなりにですがありました。「困難」といっても相対的にはたいしたものではなく、私にとってのみ「絶対的」なものですが・・・。私が今こうしてあるのはそれらの「困難」を曲がりなりにも乗り越えてきたからなのですが、「戯れる」っていい言葉だなあと思います。
「少し上から自分を見る。『おっ、たじろいでいるな』『おいおい、ビビっているじゃないか』と、自分を客観的に見る。」(カッコ内・鈴木邦男さんの言葉を引用)

これ、よくわかります。それと私は「困難」に陥る度に「悲しみこそを生きる糧にしよう。楽しいから生きるではなく、悲しいからこそ生きる」「物事を逆説的に見る」視点はないものかと常に考えていました。(このことについては私のブログにやがて出てくる予定です)。
最近の例で言えば・・・大好きな叔父が肺結核と心不全と狭心症であるにもかかわらず、入院していた病院から勝手に退院し、私が行くと言えば「来なくていい」の一点張り、「入院してください」と言ったら電話を切ってしまいました。ものすごく心配です。でも、こうも考えられます。「ひとりでやれるからこそ退院したんだ。そこまで覚悟してるんだ。そういう叔父はすてきだ」って。ものは考えようですね。

そして私は鈴木邦男さんのファンになってしまいました。
*****

追記:鈴木さんはこないだの参院選で上原公子さんを応援したんですよ。右左なくわかる人にはわかるのだ!
[PR]

by lumokurago | 2007-09-24 13:35 | 未分類
<< 水俣病 隠し、無視され続けた私... 都民ら245名が「改定教育基本... >>