暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

乳がん検診は有効か?

JANJAN記事のコメント欄に50歳代以上にはマンモグラフィによる検診が有効だという論文があるとの指摘があったので、キャンサーネットジャパンのHPを調べてみたところ、以前に引用した記事(「乳がん検診は有効であるようです」というあいまいな表現)がなくなっており、こちらに変わっていました。次のように書いてあります。

******

がんは早期発見・早期治療が大切とよくいわれ、35歳以上の女性には年に1回の乳がん検診が勧められてきましたが(信頼度4)、実際の集団検診は見落としも多く、必ずしも生存期間の延長に貢献するとは限らないことが報告されています(信頼度3)。月に1回生理の後に乳房を自分で触れる自己検診を行い、しこりがあったときは、ためらわず外科の乳腺外来を受診して下さい。(南雲吉則医師による。2006年3月)

EBM信頼度 (科学的信頼度の高い順に5段階に分類します)
信頼度1 最も信頼される大規模な臨床試験結果
信頼度2 小規模な臨床試験結果
信頼度3 他の医学研究・報告
信頼度4 いわゆる権威者や団体の意見
信頼度5 単なる専門家の個人的意見

******

私が南雲医師をこのブログで批判したのは2006年1月ですから、もしかしたらこの批判を読んで記事を変更したのかもしれませんね。そうだとしたら誠実だと思います。

マンモグラフィが有効だという論文を紹介してくれた山田ともみさんには以下のように返事を書きました。



山田ともみさま

論文の紹介、どうもありがとうございました。しかし、私の信頼する近藤誠医師は2003年の朝日新聞でのマンモグラフィキャンペーンの時、週刊文春に批判記事を書きましたし、同じく信頼する南雲吉則医師はキャンサーネットジャパンHPに「乳がん検診は見落としが多いせいもあり有効性は認められない」と書いています。特に南雲医師は2006年1月には同じサイトに「(乳がん検診は)有効であるようです」と書いていたのを、2006年3月の記事で「有効性は認められない」に変更しています。

乳がん患者である私はたくさんの乳がん関係の本を読んできましたが、この二人の医師を最も信頼していますので、自分の感性に従います。医療においても自己決定が最も重要であることはいまさら私がいうまでもないでしょう。

そしてこういう少数意見はどうしても埋もれてしまうので、判断する材料を増やすために広く言っていきたいと思っています。どう判断するかは個々人の自由な自己決定ですが、自己決定するためには材料はたくさんあった方がいいと思っています。

それから肥満についての米国の論文ですが、素人考えですが、アメリカの肥満の研究をそのまま日本にあてはめることができるのかは疑問を持ちます。
[PR]

by lumokurago | 2007-10-09 15:58 | 医療
<< 「ミーニシ吹く島から」つづき 新石垣空港整備事業に係る公聴会... >>