暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

憲法判断をしない最高裁=存在価値なし

昨日、最高裁から安倍裁判の裁判官忌避の決定が送られてきました。わかっていたとはいえ、住民訴訟の時と一言一句違いなし、苦労して書いた理由書は何の意味があったのか?

理由書も読まず、審理せずに、決定を出したと思います。最高裁って独自の判断はしないものだから、ほとんどの事件に対して同じ文書(決定)なんじゃないかな?! これはおそらく当たってると思います。自信あります。

なぜならば、最高裁に特別抗告する理由書には憲法違反を書かなければならないけれど、最高裁は憲法裁判所ではないという位置づけなので、憲法判断をしないからです。この矛盾はなに? 最高裁はいったいなんのためにあるのか?! つまり地裁、高裁など下級裁判所を見張るため以外の何ものでもないと言わざるを得ません。
憲法を守るべき裁判所が憲法判断をしない。だから憲法違反の法律がまかり通っていて、止められない。これでは民主主義とは言えません。そしてそれを変える術もないのです。

空しくなって、腰も痛くて、昨日今日とへこんでた。

で、迷ったけど、水俣フォーラム主催の中村桂子さんの講演会に行って、私と同じ考えだったので、「こんな人がもう一人いたのか」と、超嬉しかったのです。だって、あまりにも少数派なんだもんね。

喜怒哀楽の激しすぎる私はいろんなところで物議をかもしだしているけれど、それも生まれつき感受性が敏感すぎるので仕方ないとあきらめています。
[PR]

by lumokurago | 2007-12-15 00:49 | 安倍裁判
<< 疎開生活のこと 「日本は平和だから良かったよね~」 >>