暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「つくる会」教科書住民訴訟控訴審

今日は2005年の杉並区「つくる会」教科書採択に関する違法な公金支出を訴えた住民訴訟の控訴審第1回口頭弁論でした。

こちら側が新事実を明らかにして地裁判決の決定的な誤り(裁判官として恥ずかしいよ)を指摘し、うろたえた被告が、裁判官の「被告はさらに主張、立証の必要がありますか?」との問いに「反論を用意します」と答えてしまい、これが想定外のできごとだったため、裁判官は「被告は答弁書で従前どおり(審議の必要なしの意)と答えていますよ。従前どおりでよろしいのではないか」と助け舟、これに被告は「審議は必要ありません」と答えて、裁判官はドアの後ろに消えて3人で「合議」・・・

その間に私たちは忌避すると決め、裁判官がドアを開けたとたんに忌避を申し立てました。

今回は裁判官もその後に「これをもって口頭弁論は終了し」とは言いだせず、「忌避ですね。では忌避の申し立ての判決が出るまで、審議は中断となります。閉廷します」となりました。

公正な訴訟指揮を行うならば、被告が「反論を用意します」と答えたのだから、それはいつまでに用意できるかを聞き、日程調整して次回期日を決めるべきでした。そうしないということはもともと結審を決めていたということです。だいたい第1回は被告は欠席しても許されるところ、出席してきたことからも、裁判所から被告に初回結審の知らせがあったことが明らかです。当日提出した新たな事実に被告は動揺し、失言してしまい、裁判所はその思惑が狂ったので結審させるために、被告を誘導したのでした。

みなさん、いまさらながらですが、裁判所というところはこういうところです。今日も私たちに口頭で弁論する時間を与えましたが、先に結審ありき、弁論は形式的なもので、何の意味もありません。こんなことのために私たちの税金が使われているのです。裁判官の給料は高裁判事なら下っ端でも年収1600万円だそうです。

もう一つ、これは裁判とは違うびっくりする話です。

杉並区立K小学校の卒業式で、校長は卒業生への祝辞で、「目上の人の言うことを聞きなさい。KYにならないようにしなさい」と訓じたそうです!!!!! 「自分の頭で考えず自分の意見を言わず、まわりに合わせ批判精神をなくし、政府の言いなりになっておとなしく戦争に行く子どもになりなさい」という意味ですね!!!!!
子どもはともかく保護者から批判の声はなかったのでしょうか?

裁判所と小学校長、これが日本の現実です。
[PR]

by lumokurago | 2008-04-21 21:26 | 杉並教科書裁判
<< 4月の写真 花見山の絵 >>