暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無防備宣言が県民守る(沖縄タイムス「論壇」より)

以下は沖縄タイムス「論壇」の引用です。

*****

無防備宣言が県民守る―戦争仮定の保護計画は無謀―
池間金蔵

沖縄戦の初期。慶良間諸島の座間味島や渡嘉敷島で起きた悲惨極まる「集団自決」はなぜに起きたのか。日本軍がこの島にいなければ、あの悲劇は起こらなかった。

昨年9月29日、県民大会に結集した11万6千人の沖縄県民は、怒りのこぶしを突き上げた。戦争ほど愚かで恐ろしいものはない。座間味・渡嘉敷ばかりではなかった。沖縄の至るところに悲劇は起こっている。二度と再び沖縄の悲劇を起こしてはならない。これが沖縄県民の切実な思いである。

ところが、この沖縄の島が何やらおかしくなってきた。もし戦争が起きたら、県民をいかにして守るか。いわゆる県民保護計画が進められているという。この島にまた戦争? 現実はそこまで来ているのかと思うと、戦慄を覚える。

先年、県主催による県民保護計画についてのお話を聞く機会があった。それによると、沖縄本島の住民は、米軍基地内に避難させる。離島の住民は、本土など安全な地帯へ。それに要する船舶の手配など。だいたいこのような内容であった。

何と無謀な計画だろうか。基地への避難は米軍が守ってくれるとのことらしいが、軍隊は住民を守らない。先の沖縄線でも、日本軍を信頼してついて行った年寄りや女、子どもを、作戦の邪魔だとして、砲火の中へ壕から追い出している。

船舶で安全な地帯への避難も、戦争ともなれば、海上へ出るのは最も危険なことである。学童疎開船の悲劇もあった。避難先の生活はどうなるのか。何よりも核の時代に安全な場所がどこにあるのだろうか。

県が進めている県民保護計画は、むしろ、県民を死に追いやるようなものに、思えてならない。最もよい県民保護は戦争をしないことだ。戦争をしない政治を、日本政府にさせることである。

日本政府のお偉方は言う。誰も戦争を好む人はいない。しかし敵が攻めてきたら黙っていて殺されてよいのかと。軍隊を持つべきだと言っている国会議員も多い。

ここに戦争否定、軍隊不保持、そして無防備地域宣言を主張する人たちがいる。政治家、憲法学者、大学教授、牧師、作家など、わが県でも、衆議院議員の山内徳信先生や大学講師の西岡信之先生たちが、熱心に無防備地域宣言学習会を行っている。

無防備地域宣言とは何か、すべての戦闘員が撤退し、軍隊も武器も持たない地域。このような地域への武力攻撃は、国際法によって禁じられているという。

集団自決のあった慶良間の島々の中にある前島、この島には1発の砲弾も落ちなかった。この島の住民が日本軍の駐留を拒否したからである。この島には、陣地も武器もなく日本軍もいなかった。

もし島の人たちが日本軍を迎え入れ、協力していたら、どうなったでしょうか。戦場の中を、白旗を担いで歩いていく白旗の少女には、米兵は銃口を向けなかった。戦争はしません、この通り無防備です。

県民の皆さん、無防備地域宣言をして、沖縄を守ろうではありませんか。

2008.6.14

*****ここまで引用。

先日の沖縄タイムスには国民保護計画について、内地ではほぼ10割の自治体が行っているが、沖縄では3割位しか行っていないという報道がありました。軍隊によって殺された体験を持つ人たちは「国民保護」という美名に騙されないのです。

だから日本政府は教科書から「集団自決(強制集団死)」の軍命を削除したいのです。
[PR]

by lumokurago | 2008-06-17 22:39 | 沖縄
<< 人が乗ることは想定せず・杉並の事故 大阪に行ってきました >>