暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

検定撤回こそ重要(沖縄タイムス)

6月30日、沖縄タイムスに1面に「『沖縄戦』を初明記―小学新指導要領解説書に」という記事が載りました。(東京新聞も、1面に載りました。ほとんど同じ文章ですが、沖縄からの要請に応え、渡海文科相が「沖縄戦に関する学習がより一層充実するよう努めたい」としたという1段落がぬけており、「集団自決」に(集団強制死)がついていません)。

文科省が、2011年度から完全実施される小学社会科の新学習指導要領の解説書に「集団自決(強制集団死)など多くの犠牲者を出した「沖縄戦」や「各地への空襲」「原爆投下」といった事例を初めて明記し、日本国民が受けた被害について学習する機会を充実させるとのことです。

「これはいいことなんだろうな(文科省に対する不信が大きいので半信半疑)」と思っていたところ、7月1日には「検定撤回こそ重要―「実相ゆがむ」関係者懸念」という記事が出ました。

****以下引用(沖縄タイムス 2008.7.1)

「沖縄戦の実相をゆがめる恐れがある」「まず検定意見撤回を」。文科省の小学社会科の新学習指導要領解説書に、他の国内の戦争被害と併記して「沖縄戦」が盛り込まれたことに、県内で懸念が広がっている。

沖縄歴史教育研究会の新城俊昭代表(宜野湾高校教諭)は、沖縄戦「集団自決(集団強制死)」について、日本軍の強制を削除させた2006年度の高校教科書検定意見が撤回されていないと指摘。「文科省のスタンスに従えば『日本軍による住民殺害』という沖縄戦の大きな特徴を教えられず、被害だけを教えることになる。これでは正確な歴史を学習できない。まずは検定意見を撤回するべきだ」と話した。

沖教祖の大浜敏夫委員長も、「特に他県の教師は、きちんと学ばなければ、沖縄戦の特質が分からなくなる」と危惧。実際の教科書で正しく記述されるよう、県民が監視し、執筆者や教科書会社を支えることが必要だと訴えた。

「9.29教科書検定意見撤回を求める県民大会」の玉寄哲永副委員長は「私たちが求めたのは、県民が日本軍によって殺されたり『集団自決』させられた事実を隠さないこと。文科省は県民の要求に応えず」『関与』程度の言葉に置き換えたまま、定着させようとしている」と憤った。

*****ここまで引用

この記事は沖縄地元にしか報道されませんから、全国では「文科省はいいことをした」とだまされてしまいます。

ちなみに文科省は沖縄タイムス社の取材に答え、「沖縄戦をしっかり教えることを明確に示した」としつつも「教科書検定意見をめぐる議論には直接関係ない」との見解を示したそうです(別記事)。お役所らしい答弁ですね。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-02 21:03 | 沖縄
<< うーん 玉川上水散歩道 >>