暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与えているより与えられている方が大きい―「OKバジ」のネパール支援

与えているより与えられている方が大きい―「OKバジ」のネパール支援

c0006568_1024987.jpg
 垣見一雅さん

 7月19日、東京杉並のゆうゆう荻窪東館にて、「OKバジ」こと垣見一雅さんのお話がありました。垣見さん(69歳)は元英語教師、1993年より単身ネパールに住み、現地の支援活動を行っています。垣見さんの許可を得て、当日のお話と「いきいきフォーラム2010」発行のブックレット「与えているより、与えられている方が大きい」より、記事をまとめました。

始まりは恩返し

 始まりは1988年にエベレストを見に行ったことからです。すっかり気に入って、毎年見に行くようになりました。1990年、アンナプルナのベースキャンプで雪崩に遭いました。運よく私は助かったのですが、15m後ろにいた私の荷物を担いでくれていたポーターさんが行方不明になり、7ヶ月後に遺体で見つかって、非常に申し訳ないという思いになりました。その後、一緒に雪崩にあった友人の部落に住み始め、そのままネパールに住み着き、1994年、今度はバスが谷に転落し、肋骨を6本折るという大怪我をしました。その時また大勢のネパールの人にお世話になり、恩返ししたいという気持ちになりました。

 始めに住み着いたのはカトマンズから東に250km離れたパルパ県のドリマラ村です。ここを拠点に東パルパ地方を村人に問題を聞いて歩き回りました。ここを15年支援し、自立したので、今は他の部落に行っています。 

学校に通うための支援

 15年前は学校に行っている子どもたちは50%でした。自分たちは学校に行かずとも生きてきたよ、という親の無理解のせいです。NGOなどが入ってそれでは貧困から抜けられないと教えていって少しずつ変わってきました。奥の方の村では、普段はネパール語が通じているのですが、話し合いとなるとネパール語がわからないのかというほど、人の意見を聞いておらず、それぞれが勝手に言いたいことを言っています。教育がないということは言葉も理解できないということなのです。人の意見を聞いたり、相手に伝えるために順序だてて話せるようになるのも教育の力なのです。

 5年生までは1時間以内のところに学校がありますが、6年生になると、学校が遠くなり、1時間半、2時間かかるので、行けなくなって、ある程度お金に余裕のある家は下宿させますが、そうでない家の子はインドに働きに行ってしまいます。6年生から8年生が中学校に当たります。9年生、10年生になると学校に行ける子どもはもっと少なくなります。

 10000円あれば、月に2%の利息がついて200円できます。これで2人の子に奨学金が出せます。お金をあげると父親は酒、母親は米を買ってしまうので、年1200円を2回に分けて、600円分ずつ現物支給で渡しています。制服、ゴムぞうり、ノートなどです。ノートが10円か20円、鉛筆は4円、ボールペンは10円です。東パルパ地方に250人ほど奨学生がいます。

 きょうだいの中で男の子にお金をかけるので、上の学校に通う女の子は非常に少ないです。女性のためのプログラムを組んで女性リーダーを育てようとしています。必ず村に戻って女性の地位向上のために働くことを条件にしていますが、町に出るとカトマンズの人と結婚してしまうことが多く、村の人と結婚しろとも言えず、むずかしいです。しかしネパール全体としてそういう女性が増えればいいということでやっています。

 1990年にビネンドラ国王一家が全員殺されて、国王は国民に政治を任せるということで議会政治が始まり、15年続きましたが、その政党がたいしたことができず、マオイストが登場しました。今年の5月28日に王制を廃止し、民主共和国に移行しました。今まで政治が国民を向いていなかったので、これからが楽しみです。外国の支援が入って40年になりますが、草の根まで届いておらず、「これが日本の支援だ」というものは一つも見たことがありません。どこかで消えてしまうのです。

障害者と病人への支援
 
 村を回っていると、貧しくて医者に行けない障害者と病人が悲惨な状況で暮らしています。国全体のことはわかりませんが、東パルパ地方で困っていないのは1割位でしょう。病気になると致命的です。医者にかかるためにお金を借りると利息が3%から4%かかり、土地を売らなければならなくなります。医者も、「かわいそうだけど、家族全部がだめになってしまうから(病人を犠牲にしても)仕方がない」と言っています。だから村人たちは手術すれば治るとわかっていても、そのまま放置し、あとは死を待つだけということになります。「世界の子供たちを護る会」の援助で、この15年に手術のできない子ども40~50人にカトマンズまで連れて行って手術を受けさせ、病人700人ほどを助けることができました。

ネパールから日本に帰ってくると

 「OKバジ」というあだ名ですが、「バジ」はネパール語で「おじいさん」です。「OK」はネパール語ができなかった時に、「OK」「OK」と言っていたので、ついたのでしょう。毎年帰国していますが、日本人は表情がなく、能面みたいですね。若い人たちが携帯をやっている姿を見ると、機械になったみたいで、小さい時からコミュニケーションがなくなっているんだなと思います。ネパールの友だちが毎日駅に行っては、通勤客が改札口を通る時に次々に定期券を機械にかざしているところを見て、「おもしろい」「ロボットみたいだ」と言っています。

 僕は「セクハラ」という言葉を知らなかったんです。電車に乗ったら友だちに「両手を上にあげてろ」と言われました。痴漢と間違われないためなんですね。ネパールでは村の子どもを抱くのは普通ですから、日本でもかわいい子どもがいるとつい抱こうとしてしまったのですが、「よせ。今はそんな時代じゃない」と友だちに言われました。ネパールではみんなが「ナマステ」とあいさつしますが、こっちでは変に声をかけると変な人と疑われそうです。コミュニケーションが非常にむずかしくなっていると思います。

 ネパールでは140円で5kgの米が買えるので、僕は日本に帰ってくると、2駅歩いて節約し、朝夕で10kgの米の代金を浮かせます。日本に60日帰国している間に400kgの米が買えることになります。

 カトマンズではどこの建物にもNGOが入っていると言っても過言ではないような状態で、あっちもこっちも開発だらけです。もういらないのに、悪く言えば「ひっかかっちゃう」のだと思います。カトマンズはもうほとんど困っておらず、地方との貧困の差は広がるばかりです。

 村にはテレビも新聞もないので、村の人たちは日本がどんな国なのかも知らず、周りがどんなに裕福かも知りません。知らないことは幸せです。カトマンズではテレビもあるし、外国から来る人もいるので、「ああいうのがほしい」と物欲に悩まされています。村よりも気持の上で貧困だと思います。村の人たちはいまだに1時間かけて水汲みに行ったりしていますが、貧しいけれども幸せです。

 「ネパール人の気質は?」と聞かれると、「イノセント」「ナイーヴ」という言葉が思い浮かびます。ネパールに20年住んでいる人で「Beautiful」と言った人もいます。日本語で話しかけてくるネパール人にひっかかった人も多いようですが、田舎の人たちは純朴です。悲惨なのは病気の時だけです。病気の子どもを見れば何かお手伝いできないかと思います。

 昔は英語しかできなかったせいもあって村の人たちから聞こえてきたのは「Request(要望)」でした。今、もっと奥の村に入ると「Cries(叫び)」が聞こえてきます。僕は電気と道路には興味がありません。病気の人を支援しているグループはないので、それをやっています。「切りがないでしょ」といった人がいますが、命が一つ助かることが大事だと思ってやっています。

 みなさんもぜひネパールに行って、1人が1つの村にはいって自分の得意なことをやってみてください。2人で1村でもいいです。1か月位、どこかの村に住んでみれば幸せをもらえると思います。ボランティアをやるつもりでも、されて帰ってくることになります。不便さは人との関係の素晴らしさで相殺されてしまいます。村の生活では、ものすごい天の川が見える。オタマジャクシを見つけたり、菜の花と桃の花が一緒に咲いているのを見たり、その菜の花畑を小さな子供たちが見え隠れしながら歩いている姿を見たり、それだけで僕は幸せなんです。
[PR]

by lumokurago | 2008-08-02 21:11 | JANJAN記事
<< おっとりマロンと芯の強いミャーちゃん 『ダイバーシティ―生きる力を学... >>