暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヴェロニカからのメール

c0006568_225663.jpg
ヴェロニカとGod daughter Tiril (ヴェロニカが名付け親のティリル)
c0006568_2253473.jpg
ヴェロニカと友人家族

ノルウェイ在住のフランス人の友人ヴェロニカからメールをもらいました。私は長いこと英語を使っていないのですっかり忘れてしまい、英語で書くのが面倒で、彼女のメールにこの間全く返事を出していませんでした。ヴェロニカはこの3月にスキーでひざを怪我してしまいました。自然の中を歩き回るのが大好きな彼女にとって、それがどんなにつらいことか、知っていながら、お見舞いのメールも出しませんでした。

今度のメールは次のような内容でした。

*****



いくつかメールしたけど、返事くれないのね。元気で幸せに暮していますか? たくさんの計画があったけど、その後どうですか?

私たちは素晴らしいけどとっても短い夏が過ぎて、急激に秋を迎えています。

あなたからのメールは時折であっても、読むのが楽しみで、あなたはいつも私の心の中にいます。そう、みんなにとって時は飛んで過ぎてゆくけれど、私にとっては少しゆっくりです。

3月にスキーで膝の靭帯をけがして以来、いろんな治療をしたけど、リハビリは今でも私の主な日課です。私はできることなら手術を避けたいと思っています。

私はもう24歳じゃないし、回復には時間がかかるということを発見しました。このことが今回のけがで私が経験したもっとも重要なことです。このことは私に海や湖のそばの森で、ハンモックにゆられてたくさん読む時間をくれたし、湖で泳いで裸の体が水を感じて癒される感覚を楽しむことができました。

私はゆっくり長い時間を耐えることを学んだし、愛についても学びました。膝をけがしてから私は一人で、でもさびしくはありません。ほとんどの人々が走ったり忙しくしているけど、私はついていけず、違うリズムで生きています。私は自分に焦点をあて、それは最初は怖かったけれど、自分自身と出会うことなく、また自分がいま本当に何をしたいのかを考えず、他者を助けることで自分から逃げていることがどんなに安易かを知りました。

私は私が愛だと思ってきたすべての私の考えや概念を手放し、自分が愛について何も知らなかったことを認めざるを得ませんでした。私は何もできず、どこかに着くために、誰かに会うために何かを得るために走っていくこともできず、自分以外の何物をも探すこともできない時、「自分」をもっと発見することが、真実とてもおもしろくすてきだということがわかりました。

でも、私は現実の人間に会うことが少なくなっているので、現実の人間がいとおしく、あなたを思っているのです。

私が走ったりハイキングしたり、重い荷物を運べなくなったり、急な坂道を下れなくなったり、長いことドライブできなくなってから、私はずっとオスロの自宅にいました。私は14歳のティリルとキャンプに行き、海や湖でゆっくりし、たくさんのベリーを食べて神や自然について語り合いました。それから友人の家族がフィヨルドのボートの旅に誘ってくれて、すてきな海で長いこと泳ぎました。それが私の休暇です。

私は歩くのに背中やおしりの筋肉を必要とするので、歩き方がすっごくおかしいですよ。でも私はできるだけのことをしています。笑顔を絶やさないようにしています。もちろん泣くけど、ほとんどは笑っています。私がどこへ行こうとしているのかはっきりはわからないけど、私のできる唯一のことは、今この瞬間を与えられた選択肢によってできる限りよく生きることです。私の庭や動物たちやすてきな人々や私の夢は今でも魅力的です。

私が今生きているところで、この庭で、桃やトマトやプラムやいろんな種類のベリーやハーブやリンゴや・・・キウイまで植えたのですよ。冬を越せるかどうかわからないけれど・・・それらはとってもすてきで・・・「今ここ」を感じることこそが必要なのだという気がしています。

あなたの便りを楽しみにしています。あなたは魂の友人に会いましたか?

*****

短い返信(英語が書けないので)

お返事出さずごめんなさい。長い間英語を使っていないので、英語で書くことがむずかしくなってしまいました。英語の単語の多くも忘れてしまいました。

あなたのけがについては心配していました。あなたが自然の中を歩くことが大好きなので、けががあなたに苦痛を強いていると知っていたからです。

でも、あなたがあなた自身ともっと出会い、もっと発見することを楽しんでいることを知って、少し安心しました。

たぶん私もあなたと同じことをしていると思います。私も自分自身について考え、違う自分を発見したいと思っているからです。
[PR]

by lumokurago | 2008-08-10 23:12 | 世界(world)
<< ノルウェイの写真で涼みましょう 映画「空想の森」を観て >>