暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「サイボーグ009」は反戦アニメ

昨日、荻窪9条の会の例会で、1968年にテレビ放映された「サイボーグ009」を観ました。(私は9条の会には、興味のある時に参加しています)。

当時私は中学校3年生。「サイボーグ009」の名前は知っていましたが、見たことはなかったのが残念。戦後23年だったあの頃ってすごかった! 子ども向けのアニメで見事に反戦を扱っているのですから。なんと憲法9条の条文がそのまま画面に流れました。テレビで放映したのですから、マスコミ含めて日本全体が戦争反対だったんですね。

あれから40年・・・なんという長い時間が流れたのでしょう。今も世界中で戦争があり、日本もアメリカの戦争に大々的に協力しているというのに、戦争に対する日本人の意識は衰退に衰退を重ねています。もしも「サイボーグ009」を放映しようとすれば、スポンサーはつかないし、政治家の介入があるでしょう。戦争の悲惨さはあの頃と全く変わりないのに。

若い人に観てほしいということで企画したとのことですが、若者は一人もいませんでした。私が一番若かったです。どうしたらいいんでしょう??

9条の会の人たちへ

「ご自分のお子さんやお孫さんには話しているんですか?」

以下にストーリーを載せておきました。





第16話「太平洋の亡霊」

[ストーリー]太平洋戦争の日本海軍兵器が次々に蘇り、現在のアメリカ軍を襲撃する。千五、米軍の水爆実験の標的となった戦艦長門も再生。放射能に汚染されたままサンフランシスコに向かう。米軍は、長門阻止のため原爆を使用してしまう! だが、放射能を増長させた長門は平然と進んでいく。001の推理に従い、太平洋戦争でひとり息子を失った超心理学の権威。平博士のもとに向かう009たち。博士は、脳の力を引き出し、イメージを具体化する装置を完成させていた・・・

*戦争体験は何だったのか。何千何万の家族友人が死んだ。原作の基礎テーマ「戦争否定」を正面から扱った、009らしい問題作。(解説文より引用)

第26話「平和の戦士は死なず」

[ストーリー]2大国のパブリック連合国とウラー同盟の間に不可解な軍事トラブルが続く、ウラーからミサイルが大量発射され、しかもそのミサイルが忽然と消えてしまうこともあった。謎を追う009たちの前に不気味な人形が現れる。人形は嘲笑う「人間ってやつがこんなに残酷になれるなんて思ってもみなかったよ」。その人形に導かれるように核戦争の危機が迫る! 007たちはウラーのミサイルを止める。だが、009の目の前にパブリックの核ミサイルは発射されてしまった・・・!

*どんな人間にも“悪”は潜み、大きな災厄にもつながる。戦争も遠いできごとではなく、個人が自分のこととして捉えていけば・・・。(解説文より引用)
[PR]

by lumokurago | 2008-09-08 21:55 | 平和
<< たった今! 傍聴のお願い(東京地裁に来られ... >>