暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

絵を描いて、お別れして、喜んで、怒って・・・

生まれて初めて絵を習っています。父の友人の画家には「そのままでいいよ。習わない方がいいよ」と言われたこともありますが・・・。つまり子どもの絵と同じで下手には下手なりの味というものがあり、それこそ下手に上手になると(大人になると)それが失われてしまうという意味でしょう。でも、画家の目(一般の人の目とは違うと思います)というものや鉛筆や絵の具の使い方などを教わってみたくて始めました。

初めて描いたのは発泡スチロールの立法体でした。遠近法を初めて習いました。(美術の時間にも習ったのかな?) 1枚目でもう「繊細」だと言われてしまいました。繊細・・・やはりそうなのでしょうか? 先日も別の人に別件で言われました。「うつ状態」になって、「繊細」など抜け出したいと思っているのですが、まだまだです。

今日は発泡スチロールの球体を描き始めました。太陽の動きと共に光がどんどん変わるので、せっかく描いたものがすぐに違ってしまい、とてもむずかしいです。と先生に言ったら、「それだけよく見ているということですよ」とおっしゃいました。まだ途中ですが、先生は「動きのあるおもしろい線ですね」とおっしゃいました。なるほど。生徒が「なるほど」と思える批評ができるってすごいですね。

それから、うちに下宿していた宇田川君が明日フランスに留学するので、お別れしました。留学先はなんとサーカスです。珍しいでしょう(文化庁からお金が出ます)。イザベルはまだしばらく日本にいますが、引っ越してしまうのでさびしいなあ。

それから、ひとりで都教委とたたかう都立三鷹高校の土肥校長の集会に行ったところ、早めに行ったのにすでに長蛇の列。通る人々が「今日は何があるの?」と話しています! 土肥校長はタレントなみの人気です。定員500名で消防の関係から立ち見は入れず、なんと入場できませんでした!!! JANJAN記者としてなら入場できると言ってくださった方もあったけれど、次のようにあまりにも怒っていたため、そのことを友人に話したい一心で、さぼってしまいました。こんなに大勢が集まってうれしかったです。

さて、最後の怒ったことです。みなさん、岩波の不買運動を起こしましょう。いずれ岩波に送る抗議文を書きますが、岩波ブックレット「杉並区立『和田中』の学校改革」は最低最悪の本です。右派の歴史歪曲本以外にこんなにひどい本を見たことがありません。山田宏杉並区長は杉並の教育を破壊しているのですが、この本は「杉並の教育改革」と言い、絶賛、和田中元校長藤原氏の旗振りをしています。ちょっと乱暴ですが一言でいえば、子どもを一人の人間としてではなく、「企業に役立つ人材」として、「人的資源」「商品」として見ています。藤原は企業の人で、企業に役立つ教育以外には興味がないのです。岩波がこんな本を出してしまったとは、悪い意味で大きな影響力を持つと思います。

この本は東大の教育学研究グループの研究結果(の一部)で、補助金も出ています。でもものすごく幼稚な研究に批判力ゼロの藤原絶賛で、日本語として通じない文章すらあります。研究者ってなんなの? 編集者は何をやっていたの? 許し難いです。

今日は怒って悲しくなるのでなく、「うつ状態」も引っ込むほど怒っています。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-27 21:56 | 未分類
<< 父が好きだった萩の花 「つくる会」歴史教科書を採択し... >>