暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「靖国」

杉並憲法ひろば主催で映画「靖国」の上映と鈴木邦男さん、伊藤真さん(司会:古山葉子さん)のシンポがありました。ちょっとだけ書きます。

「靖国」は靖国神社を知る上でいい映画だと思いました。映画に出てきた2005年8月15日は私も靖国に行っていました。反靖国の集会とデモにも出ました。(「つくる会」教科書採択の3日後です)。

刀鍛冶の方の映像と「右翼」の行動を映した時間の方が「左翼」の映像よりも長く、鈴木邦男さんは「『右翼』が鏡に映った自分の姿を見て、自己嫌悪して抗議したならいいが、そうではなく、『右翼』は単に最後の方に南京大虐殺を取り上げていたことに反発したのだろう」とおっしゃっていました。

鈴木さんは「この映画を東アジアの人が見たら、日本はまた戦争をしかけてくると思ってしまう。『右翼』のパフォーマンス(軍服を着て、ラッパを吹いて行進し、「天皇陛下万歳」を叫ぶなど)は禁止した方がいい」とおっしゃっていました。鈴木さんはまた、「言論の自由が『右翼』にも保障されるべき」とおっしゃり、最近天皇制廃止論が目立たなくなったが、議論するためそういう論者を育てたいくらいだとおっしゃっていました。

伊藤真さんは自分は中学高校時代弓道部に所属し、愛国少年だったと述べ、しかし戦争になったら自分が死ぬだけでなく人を殺すこともあると気づき、自分には人は殺せないと思い、憲法9条に思い至ったそうです。

なかなかおもしろかったです。
[PR]

by lumokurago | 2008-10-12 23:10 | 平和
<< 片付け 外の世界に憧れて・・・ >>