暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 08月 01日 ( 2 )


『認知症にさせられる』 浜六郎

 お年寄りに「認知症かな?」と思われる症状がでたら、まず薬を疑いましょう。薬の毒性(副作用)による「せん妄」が認知症と似たような症状だからです。この本には「せん妄」を認知症と誤診して薬を増やし、ますます症状がひどくなった例がたくさん載っています。反対に飲んでいた薬をやめたら、症状が消えた例も載っています。

 医師は医療や薬に対する幻想が強いので、薬は効くと信じ、毒性(副作用)のことはあまり知らない人が多いのです。患者が自衛するしかありません。亡くなった父も60代半ばの頃、風邪薬でよなかに大暴れしたことがあります。薬の毒性はあらゆる精神神経症状を起こすのです。ただの風邪薬ですよ。友人の一人はセデスを飲んだあと、階段から転がり落ちたそうです。1回目は毒性とはわからなかったが、2度同じことがあって、セデスのせいとわかり、それ以来飲むのをやめたそうです。

 お年寄りは薬の毒性が強くでやすいので、特に注意が必要です。

 アルツハイマーの患者さんにアリセプト(塩酸ドネペジル)が処方されているが、効き目はあるのかないのかわからないくらいだということです。2004年、ランセット誌(イギリスの超一流医学雑誌)に効果はほとんどないという論文が掲載されました。アリセプトの承認に、海外では製薬会社の利害や患者団体が大きくかかわっています。

 アリセプトの保険適用は「アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制」ですが、レビー小体型認知症にも使われており、その場合パーキンソン症状を悪化させる毒性があるそうです。脳血管性認知症では死亡率が4倍になるという結果もでています。

 父がはじめて受診した浴風会病院の精神科の医師は、いまでも診断がむずかしく、そのころまだマイナーだったレビー小体症という診断を下し、「アリセプトという薬がでてきたが、ほとんど効かない」と言って、処方しませんでした(1998年)。薬が「効かない」という医者は信用できます。「効く」と言って患者に薬を売りつければ、いいことがあるかもしれないけれど、「効かない」と言って薬を売らないのでは、なんの得にもなりませんからね。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-01 17:59 | 医療

森の展覧会 終了

c0006568_927910.jpg
 最終日のイベントはmamaclioの演奏でした。アコーディオン、おもちゃのピアノ、バイオリン、ギター、ウクレレ、バグパイプ、リコーダー、いろいろな音のでるもの、鈴、などなどをちりばめたユニークな音楽。バグパイプはスコットランドが有名ですが、ヨーロッパ各地にあり、今日使った楽器はブルガリアで買ってきたそうです。

 私はバルカン半島付近のフォークダンスが好きで学生時代よく踊っていたので、その音楽によく似ていてとても懐かしかったです。

 このイベントをきっかけに新たな出会いがあり、ひろがりもあったようで、スタッフにもお客さんにも喜んでもらえよかったと思います。「オペレーション子どもたち」への寄付金は21万円になりました。作品をだしてくださったかたがた、来てくださったかたがた、どうもありがとうございました。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-01 10:56 | 原発