暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 11月 08日 ( 1 )


山木屋(計画的避難区域)のモデル除染に6億円

 昨日うちに来た山木屋の菅野浪男さんの話です。

 6軒しか家がない地区の除染に6億円かけるんだそうだ。除染しても線量は半分にしかならないとわかっていて、半分でちょうど年間20ミリシーベルト弱になるであろう地区を除染する。それで帰宅できると言うのだろう。除染したら田んぼや畑の土の表面が削り取られるから、田んぼや畑としては使えなくなってしまう。反対してもモデルケースだからと言われてしまう。1軒1000万円もらうほうがどんなに助かるか。

 放射性廃棄物は3年間は近くに保存して(地下に埋め)、3年後に中間保存施設(30年)に移すと言っている。3年も地下に埋めたらどうなるか。ちょっと考えればわかるだろう。

 川俣町の町長は全員一緒に帰れるようにしますなどと言っているが絶対に無理。山木屋小学校を再開したって子どもは帰ってこない。現実的にできることを考えてほしいが、「国に要請しました」などと言っているだけで何もしない。議員も全員役に立たない。

 山木屋地区の人びとの意見をまとめたいが、みんなバラバラに避難している。避難所にいる人の平均年齢は71歳。彼らはみんな帰りたがっている。しかし若い人は帰らないだろう。放射線の影響の少ない年寄りは帰して、生活できるようバスを通したり、移動売店を出すなど工夫すべきだ。人びとの意見を聞き、よく考えればできることはある。

*****

 とにかく、行政がまったくだめだと言っていました。議員や町長になるのは、どうしてバカな人ばっかりなのでしょう? 普通に考えればいいのに、それができないのですから。

 除染なんてできっこないってわかっているはず。年寄りと子どもを同じ基準で考えるのもおかしい。子どもを安全な場所に逃げさせなければ・・・。年寄りは残ってもいいのです。それに子どもや若い人は新しい場所にも適応しやすく、年寄りは故郷に固執するものだ。

 普通に考えればできない除染のために1軒に1億円かけるなら、引っ越し資金を用意したほうがいい。本人たちが1000万円もらうほうが助かると言っているのだから。結局のところ、除染が新たな利権になっているのかなーと思いました。

 山木屋とはこんなところです。
[PR]

by lumokurago | 2011-11-08 16:24 | 原発