暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 11月 25日 ( 1 )


「芽むしり仔撃ち」大江健三郎

 最も古い本をとってあって、もう一度読み返している。そのなかに「芽むしり仔撃ち」があった。これは大江が「昭和」33(1957)年に最初の長編小説として発表したものだそうだ。私の持っている本の奥付は「昭和」47年11刷、120円。私が読んだのは10代後半だろうか。

 暗い小説だ。戦争末期のどこかの田舎の村に感化院の少年が疎開するのだが、村に疫病がはやり、村人たちは少年らを見捨て、閉じ込めて、逃げてしまう。村に残されたのは父親の遺体を守る朝鮮人の少年、母親の遺体から離れられない少女、脱走兵・・・少年たち。

 見捨てられた彼らは徐々に協力しあい、友情が育まれる。力を合わせて死体を埋葬し、少女と主人公の少年のあいだには愛も生まれる。しかし、その少女も疫病で死ぬ。主人公の弟(この子は感化院の子ではなく、父親が一緒に疎開させてほしいと連れてきた)が雉をとって、祭をするのだが、彼の可愛がっている犬が少女に疫病を移したのだと、仲間に撲殺されてしまう。彼はそれから姿を消す。

 そこに村人が戻って来て、少年らが勝手に食物を取ったなどと責め立て、殴り倒す。脱走兵もつかまり、竹槍で腹を刺され、死ぬ。主人公以外の少年は村人に屈し、べつの村に疎開先を移すことになる。一人残った主人公は脱走を試みる。

 そこで小説は終る。

 「カッコウの巣の上で」に似ていないこともない。「カムイ伝」にも、ちょっとだけ。

 「カッコウの巣の上で」で最後に精神病院の窓を割ってでていくチーフは大人だし、体力もある。精神病院を変革しようとしたマックマーフィーはロボトミーを施されて廃人になり、チーフが殺すが、チーフだけは自由になれる。そんな最後だった。しかし、「芽むしり仔撃ち」の主人公の少年は、子どもでもあり、疲れており・・・。村人は彼を殺そうとそこまで追ってきている。

 この小説に希望はない。

 私がこんなに冷静な性格になったのは10代でこんな小説を読んでいたからだろうか。変革をめざすものは必ず権力によってつぶされる。仲間は裏切る。大江もそう思っているのだろうか。とにかく悲惨な小説だ。
[PR]

by lumokurago | 2011-11-25 14:37 | 本(book)