暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 12月 02日 ( 3 )


FRYING DUTCHMAN 「humanERROR」

 

 こんなアーティストもでてきたんですね。すばらしい! ぜひ聞いてみてください。吉美さんに教えてもらいました。拡散希望。

 <話題沸騰中の反原発ソングを歌うバンド『Frying Dutchman』
ボーカルを務めるLee Tabasco氏に現在の胸中を聞いてみたぞ!>
 http://youpouch.com/2011/12/01/45376/
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 18:42 | 原発

弁論期日請書

 三宅さんの裁判で、書記官から期日請書に原告全員の署名捺印が必要だと言われていることについて、次の記事を書いた。

 書記官のいやがらせ
 
 その記事に対して「えりんぎ」さんから以下のコメントをいただいた。

*****

 期日請書の提出を促すことは書記官の「思いやり」であり「嫌がらせ」ではありませんよ。
 裁判所にとって期日呼出しは、出頭しない者に対して法律上の制裁その他期日の不遵守による不利益を課すことができる(民訴法94Ⅱ)要件となる非常に重要な手続であり、同手続を疎かにすることは決してありません。
 そこで、代理人のついていない原告の場合、期日呼出しの方法には①呼出状の送達②期日請書の提出と2つの方法があります。
 ただし、①の場合は一人あたり特別送達で1040円もの多額な費用(合計1万円弱)が生じることから、書記官の「思いやり」で安価な方法で行える②の方法によったのだと思います。
 ②の「期日請書の提出」の方法によれば、原告の方々の家を回らなくても、普通郵便やファクシミリでやりとりすれば、迅速かつ経済的に行うことができ、原告の皆さんにとって非常に有益な方法といえます。
 以上について、ご理解のうえ、担当書記官と良好な関係を築かれることを願っています。

*****

 そこでいま、和田中夜スペ裁判の「送達代表者(送達場所)」になっているTさんに、この裁判ではどうなっているか聞いたところ、以下の返事をいただいた。

*****

 違法和田中裁判控訴審では、期日呼び出しについては何も言われてませんね。送達代表者は私になっていますから、来るとしても私宛だけで済みますが、期日に関してはFAXも郵便も通知無しです。
 審理は基本的に控訴人全員が出席しているので、その場での次回期日確認で良しとしているのでしょうか?

*****

 いままでにおこなった裁判では書類の送達はどうだったのかをよくよく思い出してみるところ、最初はなにも知らなかったので「送達代表者(送達場所)」も指定せず、原告全員(10人くらい)に1040円(特別送達)をかけて送ってきていました。その後、原告が100人を超すようになりお金がかかって大変だと思っていたところ、「選定当事者」という制度があることを知り、それを利用しました。「選定当事者」とは複数の原告がいる場合、弁護士がいない本人訴訟では原告の代表を選定して、書類はこの人たちだけに送ってもらうようにする制度です。この制度を使うようになってからも、選定した数人に1040円(特別送達)をかけて送って来ていました。いずれの場合も郵送料がかかって大変なので、裁判所に交渉して、代表者がでむいて直接受け取るようにしました。この方法だと1人分の交通費ですみます。しばらくその方法を取っていましたが、その後「送達場所」を指定する制度を知り、書類は全部代表者に送ってもらうことにしました。そうすると郵送料が一人分だけですんで、お金が節約できます。

 しかし、期日呼び出し状が送られてきた記憶ははっきりしません。Tさんのおっしゃるように、法廷で次回期日を確認し、文書はとくに送ってこなかったし、期日請書もだすように言われたことはないと思います。

 「えりんぎ」さんの言われるように、期日呼び出しが重要な手続きで疎かにできないものであるならば(それはそうなのでしょうね)、いままでの私たちの裁判の書記官は善意で省略してくれていたとしか考えられません。こんなところに正直に書いてしまえば、これからその「善意(親切)」ができなくなる可能性もありますね。どうしよう?

 三宅さんの裁判では、これから原告をたくさん集めた場合、三宅さんを「選定当事者」に選定すれば、面倒な手続きはなくなるでしょう。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 10:12 | その他裁判関係

南伊豆健康学園廃止決定

 昨日の文教委員会で、南伊豆健康学園の廃止が決定されたそうです。反対したのは、原田区議(共産)と委員外参加の無所属区民派(けしば、新城区議)。生活者ネットは賛成したそうです。10年以上まえ廃止が決定されたのですが、保護者らの存続要請によって山田前区長でさえ撤回せざるを得なかったもの。

 南伊豆健康学園はぜんそくなど健康上の理由のある子どもが自然のなかで健康を取り戻すという名目でつくられたものですが、私が学童クラブに勤めていたあいだに被虐待児の緊急避難先として、3名がお世話になり、成長して戻ってくることができました。児童虐待が激増する現在、ますます必要とされる施設なのです。被虐待児に適切な保護、援助をしなければ、大きくなってからとても大変なことになります。子どもは親を選べません。子どもに罪はありません。親が育てられなければ、社会の子どもとして育てなければならないのです。

 どうかどうか、杉並区在住のみなさま、健康学園廃止を撤回させましょう。区役所に声を届けてください。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-02 09:35 | 杉並区