暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2011年 12月 05日 ( 3 )


私の痛みには寝ているのが一番

 朝食前などのヤクの切れ目が痛いんですよねえ。夕食前も切れたはずなんだけど(食後飲むので)、横になっている間はまったく痛みはなく、起きてご飯を食べ始めたら猛烈に痛くなった。ご飯を食べ終えて、ヤクを入れ「ギャアギャアギャア、痛い痛い」と言いながらベッドまでたどりつき(10歩ほどなんだけど)、横になっていたら、痛みは消えた。それでも起きあがる気力がなかったのだが、貼り薬の麻薬の貼り替え日(3日ごと)なので、仕方なく起きあがって貼り替えたところ。

 いま猛烈に痛いのは右の胸(肋骨)だが、私の痛みは体重がかかるとでるらしいことを数日前に発見。痛みどめが効いているからと、動いたり物を持ち上げたりすると、痛くなる。横になっている分にはまったく痛くない。

 それで横になって本ばかり読んでいるのです。
[PR]

by lumokurago | 2011-12-05 21:59 | 転移がんの治療(無治療)

終末期の人工栄養補給、中止可能に…学会指針案

終末期の人工栄養補給、中止可能に…学会指針案

読売新聞 12月5日(月)1時29分配信

 高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給は、延命が期待できても、本人の生き方や価値観に沿わない場合は控えたり、中止したりできるとする医療・介護従事者向けの指針案が4日、東京大学(東京・文京区)で開かれた日本老年医学会のシンポジウムで発表された。

 近年、口で食べられない高齢者に胃に管で栄養を送る胃ろうが普及し、認知症末期の寝たきり患者でも何年も生きられる例が増えた反面、そのような延命が必ずしも本人のためになっていないとの声が介護現場を中心に増えている。

 そこで、同学会内の作業部会(代表・甲斐一郎東大教授)が試案を作成した。広く意見を募って修正し、来年夏までには同学会の指針としてまとめるという。

*****

 これもよかった! 少しずつであっても人間的になってくるのか・・・。

 
[PR]

by lumokurago | 2011-12-05 12:01 | 父・母・介護

教科書採択、市町村ごと容認…法改正を検討

教科書採択、市町村ごと容認…法改正を検討

読売新聞 12月5日(月)3時4分配信

 文部科学省は、小中学校で使う教科書の採択を巡り、複数の市町村からなる広域地区では同じ教科書を使うことを定めた共同採択制度について、市町村ごとの単独採択を容認する方向で検討に入った。

 省内の有識者会議での検討を経て、教科書無償措置法を改正したい考えだ。

 地方教育行政法では、教科書採択の権限は市町村教育委員会にある。しかし、教科書無償措置法は国が教科書を無償供与する前提として、市や複数の市町村で採択地区を設定し、共同採択するよう求めている。

 共同採択制度には地域の教師に教材の共同研究をしやすくさせるなどの狙いがある。採択地区は5月現在、全国で582地区あり、横浜市、さいたま市などの大都市を除き、大半は複数市町村で構成している。

*****

 よかった!
[PR]

by lumokurago | 2011-12-05 08:49 | 沖縄