暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2012年 01月 20日 ( 3 )


私の肝転移のダブリングタイム(参考)

 戯れに肝転移のダブリングタイム(がんの直径が2倍になるのにかかる時間)を計算してみました。正確ではありません。

 私の肝転移は2009年8月に肝エコーで15ミリ×21ミリを発見。

 2010年1月に背骨に放射線をかけたとき、偶然そこにもかかり、画像に写らなくなりました。

 2011年10月、CTで検査したところ、64ミリになっていました。

 ダブリングタイムの計算には画像に写らなくなったとき、何ミリだったかが、欠かせないデータです。ところがそれがわかりません。1ミリの場合、3ミリの場合、5ミリの場合を計算してみます。

 1年半=18ヵ月で1ミリが60ミリになった場合――直径が60倍――体積は216,000倍ーーこの数字は2の18乗(262,144)に近いので、18か月に18回分裂したことになり、ダブリングタイムは1ヶ月。 直径が2倍になると体積は2の3乗なので3ダブリングします。つまり3ヶ月で60ミリが120ミリになる。

 18ヵ月で3ミリが60ミリになった場合――直径が20倍ーー体積は8000倍――この数字は2の13乗(8192)に近いので、18ヵ月に13回分裂したことになり、ダブリングタイムは1.4ヵ月。つまり4.2ヶ月で60ミリが120ミリになる。

 5ミリが60ミリになった場合――直径が12倍――体積は1728倍ーーこの数字は2の11乗に近いので、18ヵ月に11回分裂したことになり、ダブリングタイムは1.6ヵ月。つまり4.8ヶ月でで60ミリが120ミリになる。

 という計算ですが・・・

 実際には去年の10月に60ミリだったものが1月に70ミリになった。直径は1.2倍、体積は1.7倍になったが、ダブリングタイムは「直径が2倍になるまでにかかる時間」なので、まだ1ダブリングもしていないということになります。つまり、ダブリングタイムは3ヵ月以上ということになる。ダブリングタイムを3ヵ月とすると、60ミリが120ミリになるまでは9ヶ月かかることになります。結構ゆっくりがんですね。

 この計算あってるのかなあ? 怪しいですよ。どなたか暇な人、計算してみてください。

 そして当たるかどうかはまったくわかりませんが、勝手に想像する余命は、5ヵ月から8、9ヵ月というところでしょうか??? どのくらいの大きさになったら死ぬか、Dr.kに聞くのを忘れたので(120ミリというのもあてずっぽなので)、わかりません。ま、1年は生きないということでしょう。


[PR]

by lumokurago | 2012-01-20 18:24 | 転移がんの治療(無治療)

Dr.K診察日

渡辺:(終了した放射線治療(胸椎)にかかわって)右足足指のしびれ(麻痺)は消えた。左足足指のしびれは少し減少したが、左足に軽い麻痺がでている(もう3週間くらいになるかなあ。前回の診察のときは麻痺ではないと思うと言ったが、その後Dr.Aが麻痺だと指摘)。この程度ですむなら(これ以上進行しないなら)手術はしたくない。

Dr.K:整形外科でする手術というのはがんが消えてからっぽになった錐体の上下を針金で止める。しかし、上下の骨ももろくなっていると思われるので、整形で断られる可能性が高い。放射線をかけるか? いいアイデアはないなあ・・・。(と考えながら以前の放射線の記録を見て、どこに何グレイかけたのか確かめている)。

 こんなに放射線をかける人は珍しいよ(やっぱりそうか!)。放射線科だからやっているが、普通は抗がん剤をやられて、とっくに死んでる。ぶつぶつ・・・。

 肝臓はどうかなあ・・・と、先日撮った放射線治療の位置決めのCTをみながら。70ミリになってる・・・。

渡辺:昨日ちょっと(ダブリングタイムを)計算したんですけど、肝転移が画像上消えたというのは、何ミリ位残っているのですか?

Dr.K:5ミリで写るか写らないかの限界かな。でも、あなたのは単純X線撮影だから、正確に計算することはできないよ。

渡辺:いったん画像上消えて、1年半経って6センチにもなった(2011年10月)ということは、まえより分裂速度が速くなってる。ということはがんのタチが悪くなったということですか?

Dr.K:タチの悪い性質のがん細胞だけ生き残ったという可能性もあるし、放射線治療でまた遺伝子が傷ついたかもしれない。

渡辺:なるほど。

Dr.K:肝臓にはあと22グレイかけられる。

渡辺:そんなに。でも、放射線かければいったんは消えても、またタチが悪くなって、もっと速く大きくなるかも。それに骨のほうがまたひどいことになるかもしれないから、このままにしておいて、死んだほうがいいかも。考えてきます。あの、肝転移で死ぬ場合は症状がでてからどのくらいなんですか? 夜、泊まってくれる人を探そうと思って。

Dr.K:1ヶ月から2ヶ月だね。腹水がたまって苦しむ場合もあるが、期間が短いし、腹水がたまらない場合もある。肝転移が一番苦しまない死に方だね。

渡辺:いつごろ症状がでるかは、いまの段階ではわからないんですよね。

Dr.K:うん。それで腰の痛みは?

渡辺:いまは麻薬使ってるから。

Dr.K:じゃあやめても大丈夫かな。

渡辺:でも大腿骨が折れそうなんじゃ?

Dr.K:折れそうなんて誰が言った?

渡辺:えー! 先生言ってなかったっけ?

Dr.K:言ってないよ。それで、左腕は?

渡辺:それはつたい歩きをするときに体重を支えるから痛いです。左足の麻痺は胸椎とはまた違うところが原因ですか?

Dr.K:うん。放射線かけたのに悪くなったからね。もっと下だと思う。そこに放射線かけようか、坐骨はやめて。放射線治療が2ヶ所しか保険が使えなくなっちゃったんだよ。

渡辺:来週まで考えさせてください。

Dr.K:そのあいだに、いまやってるところにかけられるしね。放射線はもう少しかけられるからね。

*****

 ということでした。いつまでつづく放射線治療・・・
 近藤先生、長生きさせてくれてありがとう。
[PR]

by lumokurago | 2012-01-20 14:55 | 転移がんの治療(無治療)

公園の猫

 公園の猫については、Yさんが毎日ブログに書いていらっしゃいます。写真もあります。リンク欄にリンクしようと思ったのですが、なぜかうまく行きません。公園の猫が気がかりな方は「お気に入り」に入れてください。

 美也・みやみやミャー
[PR]

by lumokurago | 2012-01-20 07:29 | 未分類