暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:父・母・介護( 148 )


特養入所決定

 4時半頃、特養から電話があって、入所できるとのこと。出来るだけ早くというので、妹の休める土曜日午前中に入所することになりました。一安心だけどさびしい。

 母に「今度また、まえにいたところみたいな施設に行くことになったけど、いいですか?」と聞いたら、すぐに「いいよ」という返事が返ってきたので、「おうちにいられなくてごめんね」と言って、涙が出てきてしまいました。このかん、電話やなにやらで状況はわかっていたみたいで、数日前にも「次のところにはいつ行くの?」と聞いていました。これほどぼけているようにみえて、大切なことはみんなわかっているのです。父も特養に行く前に聞いたら「いいよ」と言ってくれたし、親孝行してないのに子ども孝行な親たちです。
[PR]

by lumokurago | 2010-10-06 18:12 | 父・母・介護

電話、電話で大変でした

 母が特養に入所できるかどうかの血液検査(感染症=B型C型肝炎、梅毒の有無)をめぐり、往診医と特養の医師は「不明」でよいとしたのに、特養側がどうしてもデータが必要だと言います。それも面接からもう半月以上経つので、早くしないと入れなくなると言うのです。えー、そんなあ! 医師の診断書がいつごろできるということは電話して了解を取っていたし、感染症のデータが必要条件であることは医師にも知らせられていなかったのです。なんでこんなにごたごたするのか。

 ということで、朝から特養の相談員、往診医などとやりとり。結局、河北病院のデータを取り寄せればそれでいいということになり、今度は河北病院の相談員と連絡を取って、退院した患者の担当は地域医療室だということで、そちらに連絡したところ、「依頼書」が必要ということ。何のデータが必要なのかをもう一度特養に聞いて依頼書を作ってFAXし、やっとのことその担当者から特養にデータをFAXしてもらいました。明日もう一度特養の医師がみて、よいとなれば入所日を決めるとのことです。

 特養の相談員はケアマネを通すようにと言ったのですが、ケアマネはほとんど外に出ているので、明日になってしまうと言って、直接私が病院に電話しました。デイサービスも困ったことなどを直接私に言わず、ケアマネに電話して、ケアマネ経由で聞かされるのです。なんで直接電話しないのか?
 
 つまり3時頃まで1日中電話してたんですよ。疲れました。この特養、こんなに手続きでごたごたするのでは入所してからもいろいろなことが起きるのでは? 
[PR]

by lumokurago | 2010-10-05 18:05 | 父・母・介護

特養からの電話

 絶対にはいれないと思って忘れていた特養から、突然、入所を前提に面接したいという電話がありました。やっとやっと在宅介護が軌道に乗りつつあったのに・・・。

 でも、私もいつどうなるかわからない。母は「余命1年」と言われているものの、もっと長生きするかもしれない。妹ひとりに託すには大変すぎる・・・。

 というわけで家で看取りたいという気持ちは「特養に入ったほうがいいよ」という声に押しつぶされつつあって・・・さっきから涙が止まりません。

 いまの日本では、痴呆老人を在宅で看取ることは奇跡なのか? 痴呆老人は家から追い出され、家族から離れて、特養や病院にはいってさびしいなかで死んで行くしかないのか?

特養になど入れたくないけど、気持ちだけじゃ介護はできないんだよ。
[PR]

by lumokurago | 2010-09-08 23:08 | 父・母・介護

ヘルパーさんの交代

 ワンマンな社長によって昨日突然、ヘルパーさんが交代しました。それで昨日、今日と新しい人にいろいろと教えることがありました。その上、今日は便をだすという大仕事があって、午後中二人でつきっきりにひとしかったです。10日もでなくて浣腸してやっとだしたと思えば、次には3日もつづけておむつをあけるたびに便がでていたり、また5日もでなかったり・・・。年寄りにとって便をだすことは大仕事です。

 いま、要求が多くて、それも「もういらない」と言った3秒後には「もっとちょうだい」と言ったり、カーテンを「半分閉めて」と言った数十秒後には「開けて」と言ったり、ほかにも「テレビつけて」「消して」などなど・・・。でもこれもできるあいだが花かな、と。口が利けなくなったら声も聞けなくなってしまうのですものね。どんなに大変でも後悔しないためには、いまを大切にするしかありません。
[PR]

by lumokurago | 2010-09-04 22:02 | 父・母・介護

夜騒ぐ母

 昨晩、夜中と明け方に母が「アー」「アー」と騒いだため、眠れませんでした。今日一日眠くてたまりませんでした。おやすみなさい。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-28 21:22 | 父・母・介護

死ぬが勝ち

 何もできなくなってしまって「あー」と奇声をあげつづける母を見ているのはつらいものです。でも本人のほうがよっぽどつらいんだよね。

 やっぱり早めに死ぬが勝ち。

 でも生きている限りはやりたいことをやりつづけますのでご心配なく。ありがたい協力者とも出会えたことだし。私はほんと、幸せだ。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-26 22:14 | 父・母・介護

軌道に乗りつつあるかな

 母が夜眠らなくて大変だったのですが、おとといから睡眠薬の量を増やして、なんとか眠るようになってきました。それで同じ部屋で休んでいただいていたヘルパーさん(今日は代わりの方)にも2階で寝ていただくようにして、私にも「ひとり」の時間が戻ってきました。多少母が騒いでいても、ひとりでいれば我慢できます。正直に言うとヘルパーさんが母を傷つける言葉を言うのではないかと気が気でありませんでした。もう2回ほど注意してしまいました。理屈のわからない母に理屈を言ったり、答えられない無理な質問をしたりしたからです。母には理屈は通じないので、あまりまともに相手をせずに、はいはいと聞き流したり、適当にあしらっておくことも必要なのです。まともに相手をしてしまうと、意味がわからず、「何か叱られている」と感じてしまうだけになります。

 でもヘルパーはほんとうに大変な仕事ですし、彼女に辞められてしまったら困るので、適当にストレス発散もしていただきながら、つづけていただければと思っています。

 私は仕事上の人間関係はプロなのでご心配なく。退院から2週間、軌道に乗りつつあるかな?
[PR]

by lumokurago | 2010-08-24 22:47 | 父・母・介護

明るい介護と人疲れ 

 泊まり込みのヘルパーさんがお休みのため、友人のNさんに助っ人を頼みました。Nさんは長いことお母さんの介護をなさっていたのです。Nさんの話ではお母さんと母は、1秒も待てず「早くして」と要求を繰り返すところと甘いものが大好きなところがそっくりとのことです。Nさんのお母さんは甘いものを飲むとにっこりして「おいしい」と言って、その笑顔がかわいかったとのこと。それに対してうちの母はいつもしかめている眉をさらにしかめて、「苦しい」という表情で「おいしい」と言うのです。笑顔はもう長らく見たことがありません。笑顔がでればうれしいのに。

 Nさんは私のように深刻にはならず、「ぼけもしかたがない、笑い飛ばすしかない」という感じで母に接してくれました。

 今日、母はデイサービスにでかけ、Nさんも用事ででかけたため、私は母が帰って来て以来はじめて自分ひとりの時間が持てました。でも、本を読んでいるうちに眠ってしまいました。

 一人でいる時間がないので、人疲れです。けっこう厳しい・・・。一人になりたい。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-19 21:37 | 父・母・介護

母の独り言

 そばにいれば「なんかちょうだい」「お水ちょうだい」「もういい」「はやくちょうだい」「のどが痛い」「足が痛い」「頭を上に(下に)」「カーテンを閉めて(閉めればすぐに「開けて」)。。。飴を口に入れていても「なんかちょうだい」「もういい」「はやくちょうだい」。。。「寝かせて」「眠れない」「何したらいいの?」「どこに行くの?」「うちに帰る」(これは夕方症候群というだけあって夕方のセリフ)。。。

 放っておけば「あー」「あー」トントン(吸い飲みでお盆を叩く音)「ご飯ちょうだい」「すみません」「すみません」トントントントン・・・。

 疲れました。

 でも母の心境を代弁すると・・・

 どうして何にもできなくなっちゃったんだろう。何もわからなくなっちゃった。私はどうなるの? どうすればいいの? どこに行けばいいの? 何にもすることがない。退屈だ。つまんない。娘もヘルパーさんも私をばかにするようなことばかり言う。私の前で私が何にもわからないとか言っている。傷つくことばかり言ってる。ちゃーんとわかってるのに。でも言い返せない。眠って楽になりたいし眠るくらいしかすることがない。それなのに眠ることもできない。誰か眠り方を教えて。早く眠りたい。(早く死にたい)。

 と言っているような気がします。

 でも在宅医のDr.Aから「できるだけ優しくしてあげて」と言われています。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-18 19:36 | 父・母・介護

自宅介護1週間

 母が自宅に戻って来て1週間が過ぎました。病院にお見舞いに行き、1時間程度一緒にいるだけではそれほどわからなかったのですが(よく思いたかったのかな?)、去年の11月末の大腿骨頚部骨折以来、能力は相当低下してしまいました。興味を持ち、理解できることがほとんどなくなってしまったため(テレビ、音楽もわからない、歌を歌ったり写真を見せても興味が続かない)、「何すればいいの?」が口癖になってしまいました。何もすることがないのですが、「何かしたい」「することがあるはす」という気持ちは残っているのに、ベッド上で天井を眺めているだけなのでものすごいストレスだろうと思います。

 シェ―グレン症候群という慢性の病気で涙と唾液が出ず、口が渇くので、もともと常時飴をなめ、水を飲んでいましたが、それに加えてストレスのため甘い飲み物などを際限なくほしがります。満腹中枢が壊れてしまったのか、お腹がパンパンにふくれても「お腹がすいた」を繰り返しています。さっきは5時から飲み始め、2時間にわたり、甘いものを飲んだり、飴をなめたりしていました。

 「すみません」「足(腰・のど・お腹)が痛い」「お水ください」「なんかないの?」「お腹すいた」「寝かせて」「眠れない」などなどを繰り返し、知らんぷりしていると、吸い飲みでお盆をたたき続けます。こちらのストレスもたまります。赤ちゃんにつきっきりでいると思えばいいのですが、なかなかそうも思えません。

 理屈は何もわからないのに、ついつい理屈で説得しようとしてしまい、「でもわからないんだよなあ」と思うと、「怒られた」という気持ちだけが残ってしまうのだろうと思い、「これはいじめか」と反省したりしています。

 要求に応じながらもこちらのストレスもあるので、少しほったらかしにもしつつ、軌道に乗るまでにはもう少し時間がかかりそうです。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-17 21:30 | 父・母・介護