暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 111 )


今日もなんとか過ぎました

今は丑三つ時。もう2時間以上ぼーっとしています。一人でお酒(ドライアイの私の目にいいと、友人の言うワイン)飲んでる。

「うつ状態」の時は今日もなんとか生きていたということだけで、自分を「よくやった」と思ってあげたいです。自殺しなかったので。なあんてみなさんに心配かけること書いてますけど、自殺はしませんのでご心配なく。ほんとです。生きてればいつかいいことがあるって信じていますから(ほんとか!)

ほんの一例だけど、世界では今も何秒に一人・・・飢えで死んでいく子どもがいるのに、衣食住に困らない私が「うつ状態」なんて贅沢だ。生きている以上、子どもたちのために何かをしたい。

でもできることはほとんどないので、むなしいのです。

自分の楽しみのためだけには生きられない・・・

でも死ねない以上、生き続け、何かをしなければなりません。

酔っ払ってるのでごめんなさい。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-24 02:56 | 未分類

だまされやすい国民

アッシュ・ウールソンさんの記事への書き込み(アメリカ国民はなぜ戦争を継続する大統領候補を支持するのか。それはマスコミが戦争の実態を知らせないからである。マスコミは自己規制しているのではないか。こんなことで民主主義が成り立つのか。別の政治体制の方がよいのではないか)に返信しました。

*****

日本でも国民の生活が苦しくなった原因は小泉「改革」にあるのに、マスコミもいまだ「改革」という言葉を使い、国民の人気も高いようです。事態ここに至っても気づかないんですね。知らせないマスコミにも責任はありますが、知ろうとしない、気づかない、考えない国民の責任も大きいと思います。アメリカも日本も同じです。

国民がしっかりしていれば、マスコミにきちんと報道するよう働きかけることもでき、そうなればマスコミも今のままではいられないでしょう。

民主主義の基本は主権在民です。私たち一人一人が主権者であることを自覚し、主権を行使していく必要があると思います。「他の政治体制の方がよいのでは」と考えたくなるお気持ちはわからないでもないですが、逃げだと思います。

*****

今日、某所で山田宏杉並区長が金の亡者であること、隠し子がいること、特攻隊賛美であることなどを話したところ、「知らなかった。清潔な正義漢だと思っていた。まわりの人もそう思っている。とにかく人気がある」と言われました。知らないということはこういうことです。山田に投票したみんなが知らないということです。

なぜそんなに簡単にだまされてしまうのか? 

彼らに知らせたいけれど、山田区長はマスコミを繰る力もあり、杉並の宣伝記事をたくさん書かせ、悪いことは隠ぺいすることができるが(和田中プール事故をはじめいろいろ)、私たちにはマスコミはないし、知らせる手段がない。チラシを配ろうとしてもみんな興味がなく、受け取らない。知ろうともしないのだ。「主権はあなたにあるのですよ!」と言ったとしても、「関係ない」で終わるだろう。

政治は暮らしに直結しているのだということ。政治には子どもたちの命がかかっているのだということをどうやったら、わかってもらえるのか?

*****

ところで今、日本国には首相がいないも同然だけど、何も困ることはない。首相っていらないんじゃないの? それに大臣もしょっちゅう辞めているが何も困らない。大臣もいらないんじゃないの? 文科大臣がいなくなったら、文科省がなくなったら、教育は全部現場の教員に任される。現場の教員が自由に教育を行うようになったら、どんなによくなるだろう。なんでもどうしたらよくなるかを一番よく知っているのは現場だ。お上はいらない。税金も節約できる。

と友だちと話しました。特に杉並区長と杉並区議会議員、監査委員は税金の無駄遣いなので、いりません。現場にまかせておけばよい。(なんらかのチェック機能は必要としても)。

友だちによると、阪神淡路大震災後の混乱で、学校現場には上からの指示が一時的になくなり、すべて現場で話し合って行事などを決めたそうで、とてもうまくいったそうです。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-21 21:36 | 未分類

鬱状態

重いうつ病の時は、起きて椅子に座っているだけで苦しくて、「助けて!」と叫びたくて、トイレとご飯に起きる以外は横になっていました。ご飯を噛む気力もなく食べる気がしないのです。そういう時は噛まずにすむバナナとか豆腐を食べていました。

とにかくものすごく苦しいので、「死んだ方がましだ」という考えにとりつかれてしまいます。でも、人に迷惑をかけるから死んではいけない、命はかけがえがないのだ、もっともっと大変な人が一生懸命生きているのだ、などというお題目を思い出して、死なないように努力します。それがとっても大変だった。自分でも「よく死ななかった」と思うほどです。

今はそれほどひどくはないけれど、何かに集中する気力はありません。なので、受け身ですむ映画を観たりしています。今日もほとんど何もしなかったけれど、無事に過ぎたというだけで自分をほめてあげたいです。(今は重いうつ病だったころのように切実に「死にたい」気持ちはありませんので安心してください)。

はるか遠くにいるある人と自転車で15分のがん友が私を支えてくれています。もうしばらくして実現可能になったら、以前うつを治してくれた母島に行こうかと考えています。

朝、起きられず、午前中は具合が悪いので、夜更かしになります。今(午前1時)は元気です。

以前、カウンセリングを受けていた時、「高僧は衝撃的なことがあってもそれを受けた瞬間にピーンと心が揺れるだけで、あっという間に平常心に戻る」と言われました。私は高僧じゃないので、衝撃的なことがあると引きずってしまいます。それが鬱の原因です。だいたい、こんなひどい世の中ですからね!
[PR]

by lumokurago | 2008-09-08 01:12 | 未分類

うつ状態

実はしばらくの間、うつ状態が続いています。以前重いうつ病でしたので(その後すっかり回復していました)、その経験から自分のうつ状態については観察することができます。今はまだまだ大丈夫なのですが、母から来るストレスや母に当たってしまうことによる自己嫌悪、本物のうつ病になってしまったら猫の世話もできなくなるからどうしよう・・・、がんで途中で死んだら猫はどうなるのか・・・、これから母の介護がある・・・、もう無理だ、できない・・・などなど、うつ状態だとなんでも悪い方に考えてしまうものです。

ちょっと気分がよくなれば、「そんなに悪い方にばかり考えなくていい、なんとかなる、大丈夫」と思えるものですが、それができないのがうつ病なので、手に負えない。

でも今日、ちょっといいことがありました。相手が怒るといけないので、ここに書けないのが残念ですが、お互いにものすごい葛藤を持っている身近なある人がほとんど初めて私をわかろうとしてくれました。

それで今(この瞬間の話ですが)はうつが治っています。

うつ病というのは本当につらいもので二度となりたくないと思っています。(マジで乳がんで死んだ方がまし。うつ病になるととにかく死にたくなるので、死なないようにするのがあまりにも大変)。好きなことをして、休みながら(もともと仕事もしてないのにぜいたくすぎ!)、うつ状態とつきあいながら、残された時間をゆっくり生きていけたらと思っています。
[PR]

by lumokurago | 2008-09-02 22:41 | 未分類

すてきな若者たち

c0006568_2353420.jpg
今日、うちに下宿しているイザベル(ベルギーからの留学生)と宇田川君の結婚パーティがありました。宇田川君が東京外語大出身なので、国際色豊かな集まりでした。みんなすてきな若者たちで、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと思えます。

驚いたことに、宇田川君のお母さんは私が20年ほど前、勤めていた宮前北児童館の母親クラブ「こばと」で活動していたそうです。時期はちょっとずれていますが、共通の知人がいて、盛り上がりました。あの頃は楽しかったなあ! 子どももお母さんも!
[PR]

by lumokurago | 2008-08-31 23:24 | 未分類

気分転換

c0006568_2250362.jpg
怒ってばかりなので(でもそれも無理ないでしょ?)、気分転換に絵を描いてみました。父にいただいたコチョウランの2番花と母島や沖縄を思ってつい買ってしまったブーゲンビリア(冬を越せないのでかわいそうで今までは買ったことなかったけど「楽しいのが一番、もういいや」って、それに庭のセージ(青)です。
c0006568_22565654.jpg
ダイビングで見たお魚たち。懐かしい母島、行きたいな。今度いつ行けるかな。(私はうつ病の時、小笠原に3か月位行っていて、そこで元気になりました)。

ところで、ペシャワール会の伊藤和也さんのこと、残念でたまりません。人間同士、分かり合うことはできない・・・けど、どんなことがあっても殺してはいけないのに。(もちろんこのことだけじゃない)。
[PR]

by lumokurago | 2008-08-27 23:06 | 未分類

test

夕べ投稿した記事が反映されなかったため、エキサイト掲示板を見たら、同じようなトラブルがあった人がスキンを変更したら反映されたと書いていましたので、同じ「沖縄」ですが、「海」から「浜辺」に変えてみました。これで記事は反映されました。
[PR]

by lumokurago | 2008-08-19 09:23 | 未分類

It was too hot today. (暑かった!)

Here are some pictures that my cousin sent to me. They bring us COOLNESS!

涼しくなる写真をどうぞ。従妹が送ってくれました。
c0006568_0192689.jpg

c0006568_0194751.jpg

c0006568_020331.jpg

c0006568_0202447.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-08-16 00:08 | 未分類

ドラゴンフルーツほか

c0006568_103574.jpg
宮古島出身の方にいただいたドラゴンフルーツ
c0006568_1033869.jpg
阿佐谷にある朝鮮第9学校の夜会にて 来日中のパク・ジョンスク監督の通訳キム・ウネさんと
(かわいいネコのTシャツはいつも私に洋服をくださるIさんにいただいたもの)
パク監督の映画評はこちらです。 「ドンベク・アガシ(椿娘)」
c0006568_10111895.jpg
庭のハクモクレンの葉っぱが枯れてしまいました。樹齢50年以上です。暑さのせい? 雨が降らないせい? 生き返らないのかな? 去年、父が亡くなった後、父が植えたモミジの木が枯れてしまいました。父が連れていったのかな? これで2本目です。
[PR]

by lumokurago | 2008-08-08 10:18 | 未分類

ほんとはまいってる

ある人が「乳がんのことで相当まいっている」と指摘してくれました。そうですね。人間、頭で考えることだけで生きているわけではないので。こんなに喜怒哀楽が激しい私なのに、それでも元は「優等生」、頭でっかちなのでしょう。(「優等生」とはある人が私を批判する時に使っていたことばです。「渡辺さんは優等生だから」とそれで切ってしまうのだ)。

自分の気持ちって自分にもなかなかわからないものですね。間違えることも多いかと思いますが、がん患者の「今」を記録する意味で、正直な気持ちを書いていきたいと思います。
[PR]

by lumokurago | 2008-07-05 23:01 | 未分類