暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:沖縄( 84 )


宇宙の防衛利用容認(沖縄タイムス)

沖縄タイムス5月8日朝刊1面に日中首脳会談の記事と共にあった「宇宙の防衛利用容認」の記事、東京新聞では見かけませんでした。検索したところ、東京新聞WEBには共同通信の配信で載っており、検索結果上位には地方紙が並んでいましたが、朝日、毎日などはいつ書いたのでしょうか?

****以下引用のみ

「宇宙の防衛利用容認 与党と民主 基本法提案へ」 (沖縄タイムス5.8・1面)

自民、公明両党と民主党は7日、自衛隊による独自の偵察衛星の開発、運用など宇宙の防衛利用を容認する宇宙基本法案を、9日にも議員立法で衆院内閣委員会に提案することで大筋合意した。

与党が昨年提出した法案は取り下げる。3党の賛成で今国会中にも成立させたい意向だ。

日本の宇宙開発は、平和目的に限るとした1969年の国会決議に基づき「非軍事」を原則としてきたが、新法案は従来の与党案と同様に「安全保障に資するよう行わなければならない」と明記し、非侵略の範囲で宇宙の防衛利用を認めている。

宇宙の平和利用の解釈を軍事側に拡大することになるため、共産党は反対している。

法案はまた、宇宙政策の司令塔を明確化する狙いで、内閣に首相を本部長とする「宇宙開発戦略本部」を設け、宇宙基本計画の作成に当たらせるとしている。民主党の主張に基づき、法施行後1年をめどに、従来文部科学、経済産業、国土交通など各省にまたがっている宇宙関連の政策立案機能を内閣府の「宇宙局」(仮称)に一元化する方向だ。

さらに、国が宇宙産業の振興を担うことも明記。宇宙産業の技術力と国際競争力を強化するため、企業に税制、金融上の施策を講じるとしている。

*****ここまで引用
[PR]

by lumokurago | 2008-05-09 20:58 | 沖縄

思いやり予算承認または「ソ連脅威論は全くのウソだった」

25日の思いやり予算承認について、東京新聞では2面にたった13行で金額もありませんでしたが、沖縄タイムスは1面トップで扱い、3面に解説記事、27日には社説で取り上げています。

日本はアメリカ軍に守ってもらっているのだから「思いやり予算は仕方ない」のでしょうか?

3月31日に阿佐ヶ谷ロフトAで行われた「三菱重工の正体と自衛隊の本質」で暴かれた真実「ソ連脅威論は全くのウソだった」を「死ぬのはやつらだ」さんが起こしてくれています。なにかと気の合う私たち、また偶然ここで会ってしまったのです。私も起こそうかなと思いつつ、もしかしたらやつらださんが起こしてくれるかもと思っていました。やつらださん、ありがとう。これの前に半田滋さん(防衛省担当の東京新聞記者・この時の出演者の一人)の講演もあったので、起こそうかと思いつつ・・・大変なので、そのままになっています。すごいネタがいっぱいあるんだけど。

記事は、 「冷戦時代のソ連脅威論はまったくのウソであった」【防衛省OB太田述正・元仙台防衛施設局長】

北朝鮮についても、すぐに具体的に示すことができませんが、軍事評論家などが「脅威は全くない。北朝鮮が日本を攻めて何の得があるのか? 攻めてくる可能性はない。」と言っています。脅威もないのにアメリカ軍は必要なのでしょうか?

どっちを信じるかはその人の感性と理性に関わってきますが、森達也さんの言うように、危機を煽り、不安に陥れる報道の方が視聴率が高く、つまり人々は自ら「不安」を求めているのです。不思議ですね。

*****以下沖縄タイムス社説

負担根拠の説明が必要

More
[PR]

by lumokurago | 2008-04-30 21:50 | 沖縄

2006年7月の沖縄の絵

c0006568_22412880.jpg
台風の前の石垣島底地ビーチ。3泊か4泊で帰京した友人はほとんど台風しか体験できませんでした。
c0006568_22431174.jpg
友人が帰京してから本島に渡り、辺野古に行きました。沖縄の海は午後の一時、光の加減で黄緑色になります。
c0006568_22435348.jpg
大浦湾。向こうにキャンプシュワブが見えます。(大浦湾は辺野古の反対側)。
c0006568_2245220.jpg


過去記事はこちらです。

突然絵を描きたい気持ちになったので、途中になっていたものを仕上げました。
[PR]

by lumokurago | 2008-04-18 22:46 | 沖縄

大江・岩波裁判 支援者らは判決を高く評価

大江・岩波裁判 支援者らは判決を高く評価
JANJAN記事(山本ケイ記者)です。裁判官の勇気に喝采!
[PR]

by lumokurago | 2008-03-29 23:28 | 沖縄

自衛隊派遣 恒久法提出へ

3月26日の沖縄タイムス1面トップはこの記事でした。東京新聞の1面トップは「袴田事件 再審認めず」で、10面に決定要旨、27面にも大きく関連記事を載せています。自衛隊派遣恒久法については2面の一番下に小さく20行で事実のみの報道。逆に沖縄タイムスは袴田事件の報道は社会面に事実のみの報道でした。

沖縄タイムスは東京新聞にはない以下のコメントを載せています。

*****以下引用

武器使用基準の緩和や治安維持活動への参加の可否が焦点になり、海外での武力行使を禁じる憲法9条との整合性もあらためて議論になる。

*****ここまで

やはり自衛隊派遣に対する沖縄の意識は高く、本土の意識は低いのです。
[PR]

by lumokurago | 2008-03-28 21:39 | 沖縄

終わらない基地被害―複雑な思い語る場必要

3月2日付沖縄タイムス記事より紹介します。筆者は知念ウシさんです。これは沖縄タイムスだけではなく本土の新聞にも掲載されるべき記事です。
*****

同じころに起こった人権と安全保障にかかわる二つの事件がある。
ハワイで米軍のミサイル防衛システムの訓練に参加した日本自衛隊のイージス艦が日本沿岸に帰ってきたとき漁船と衝突、乗組員を海中に行方不明にさせた。防衛大臣は辞任するべきだと問題になっている。日米安全保障条約に基づき沖縄で日々人殺しと破壊の練習に明け暮れる特別公務員、米軍人がまた暴行事件を起こした、外務大臣、防衛大臣の引責辞任は問題になっていない。被害者である「日本本土」の「男」の「大人」の落ち度が言われることはない。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-03-09 01:01 | 沖縄

軍隊ある限り不可避―国家暴力から解放模索を

「広がる怒り―米兵暴行事件 3」というシリーズの新城郁夫さん(琉球大学准教授)による沖縄タイムス記事です。(2008.3.4)
ご意見はさまざまあると思いますが、沖縄ではこれが新聞記事として取り上げられるということを本土の人間は認識する必要があると思います。

*****以下記事です。

沖縄が「レイプ・センター(強姦所)」であり続けていること。一連の米兵による女性暴行事件は、そのことを端的に示している。レイプ・センターという言葉は、第二次世界大戦中の日本軍の性暴力に関する法的責任を明らかにする国連採択報告書において「性慰安所」を指す言葉として使用されているものだが、この日本軍性慰安所が、沖縄本島及び周辺離島に少なくとも130カ所以上存在していたことを、歴史研究は極めて明確に実証している。

More
[PR]

by lumokurago | 2008-03-06 20:28 | 沖縄

大田昌秀・元沖縄県知事語る沖縄少女暴行事件

「政府、国会議員、マスコミが無責任な限り米軍基地問題解決はない」 大田昌秀・元沖縄県知事語る沖縄少女暴行事件JANJAN記事(神林毅彦)

マスコミが報道しない大田さんの話は貴重です。
[PR]

by lumokurago | 2008-02-21 23:15 | 沖縄

波照間島・ニシハマ

c0006568_20215913.jpg

[PR]

by lumokurago | 2008-02-18 20:24 | 沖縄

「綱紀粛正」ではなく軍隊の撤去を! 米兵暴行に緊急抗議集会

「綱紀粛正」ではなく軍隊の撤去を! 米兵暴行に緊急抗議集会JANJAN記事(西脇尚人)

を開き、タイトルの下にある平良夏芽さんのスピーチをぜひ聞いて下さい。夏芽さんがおっしゃっているように、米軍、日本政府に責任があるのは当然ですが、私たちひとりひとりが、この少女を犠牲にしたのです。どうやって責任を果たしていけばいいのでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2008-02-13 22:01 | 沖縄