暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:嫌がらせコメント( 15 )


白河さんってどういう人?

 よせばいいのに、今回4つもついていたコメントが白河さんという人間を非常によく表わしているので、記念にここにおいておきます。こういう人が多数派なんですよね。みたくないかたはパスしてください。

 ちなみに、先日の電話ではとうとう「渡辺容子(呼び捨て)の家か?」ですって。あんた、何さまのつもり?

★ 日刊ゲンダイ記事についていたもの

http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%97%A5%E5%88%8A%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4

日刊ゲンダイといえば、反権力、ゴシップを主に取り扱った紙面作りをしている。また、出所不明のソース(関係者、事情を知る人物などの証言等)を記事の中に使用しているため信憑性が低いという認識が広く浸透しているようです。

そんなタブロイド紙に取り上げられる渡辺さんも、その思考の信憑性に問題があるかもしれませんね。


RES: 私のことよりも 「近藤誠も、その思考の信憑性に問題があるかもしれませんね」となぜ言わないんですか?


★ 2度目の強制退去 主権者である国民がここまでないがしろにされる「高等」裁判所についていたもの

「俺は客だぞ!」と偉そうにする客にロクな客はいません。
「私は主権者よ!」と偉そうにする国民だと、どうなんでしょうかね。


RES: だから日本人は「与えられた民主主義」に浸るのみで、政府のいいなりで、こんな事態になってもなお政府に原発をやめさせることができないのだ。ドイツやイタリアの国民とは大違い。

★ 人間としてひどすぎの裁判官についていたもの

そりゃ裁判所で暴れるんですから強制退去は仕方が無いですよね。裁判に訴えるより、常識を学んだり空気を読むことをおすすめいたします。

RES: 暴れてなんかいません。椅子に座っていただけです。このごに及んで常識をまだ信じているとは愚かすぎる。「原子力は安全だ」という常識は完全に壊れましたよ。それにKYなんかやってるから日本人はいつまでたっても個人として自立できないのです。フランスでは人と違う意見を言えないと恥だそうです。KY(「察し」の文化)は国際社会で通用しません。だから自力で汚染処理できるのにアメリカやフランスに断り切れず、高い金を払っているのだ。これも税金ですよ。

★ 内海さんの写真よりについていたもの

何かと裁判に訴える心にゆとりのない方でも
花を愛でる気持ちがあるんですね。


RES:裁判に訴えるのは心にゆとりがないから? 心にゆとりがあれば、原発事故で永久に故郷に帰れなくても、作業で被ばくしてがんになって死んでも、子どもが白血病で死ぬことになっても許すことができるのでしょう。

*****

 それにしてもわざわざこんな古い記事まで探しだしてコメントしている白河さんってほんとに暇なかたですね。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-18 13:33 | 嫌がらせコメント

いつ死ぬんですか?

 嫌がらせコメントおよび電話の白河さんから何度か電話があり、即、切っていたのですが、今朝はのたまうに「いつ死ぬんですか? 死ぬ死ぬ詐欺はやめてください」と。すごいですね。よく人にこんなことが言えますね。人間、いつ死ぬかは自分では決められないのですよ。よく覚えておきなさい。

 それからもうひとつ、原発がどうとか言ってましたね。それを小出裕章さんに言えるんですか? 女で素人で弱い私に言うのでなく、専門家で男の小出さんにぜひ言ってごらんなさい。もし言えたら「白河さんは卑怯者」とはもう言いません。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-04 10:30 | 嫌がらせコメント

コメントであまえんぼの白河さんと

 つきあってあげてます。やさしすぎ? 知ってるひとは知ってるけど、あの大変な浩一とつきあってたもんね。中身はぜんぜん違うけど、さびしいってことは同じだろ。たぶん白河さんと同世代かそれほど変わりないと思われる人たちの子どものころの様子、また明日載せます。
 
 ここの下のほう。 
[PR]

by lumokurago | 2011-05-04 23:14 | 嫌がらせコメント

白河さんへ

 みなさんへ:目ざわりですが、白河さんがちゃんと読むように数日のあいだTOPにだしておきます。最新記事はこの下にあります。

 白河さんへ:これは以前書いた記事ですが、もう一度読み直しなさい。こんなことをあなたに言ってあげるのは私ぐらいかもしれませんよ。

「人」としてのあり方   2010.7.24

 「白川」さんとやら、いままでうんざりしながらも一応はお相手してきた私が、なぜ急に怒って「あなたとは話したくない」と言って、電話を切ったのかわかりますか? このことは「人間として」捨て置けない大事なことなので、ここに書いて読者のみなさんにもお知らせし、考えていただきたいと思います。

 「白川」さんはこのブログの読者の一人で、私とは違う考えをお持ちのようで、ご本人がおっしゃるには「意見交換したい」「交流したい」から私に電話をかけてくるそうです。特に「少数派」の意見が認められない様子。「多数派」が正しいのだと信じておられるようです。その根拠はいったいどこに?

 それはともかく・・・

 「白川」さんは何度も名無しで電話していらしたので、私が「もうお名前を名乗ったらどうですか?」と言って、名乗られたお名前です。お名前を名乗られる前、ある時は「和田中の保護者」と名乗られました・・・「和田中の隣にある大きな建物はなんですか」とお聞きしたら「区民センター」とのお答え。違います。正解はブース記念病院です。そしてまたある時は「杉並区民」と名乗られ、「3日前に杉並区に引っ越してきた」とのことでした・・・「杉並のどこですか」とお聞きしたら「西荻窪」とのこと。「以前はどちらにお住まいでしたか」と聞いたら「高井戸」と。高井戸も杉並区内、西荻窪とは自転車で15分ほどの距離です。

 嘘だということを指摘したら、私も嘘をついたからおあいこだとおっしゃるのです。私のついた嘘とは「2ちゃんねるを知っていますか?」という彼の質問に、「知りません」と答えたことです。この嘘と自分の素姓を偽って電話することとは同じ部類にくくれるでしょうか? みなさまにお聞きしたいです。(素姓も明かさず、名前も名乗らない初めての電話で「2ちゃんねるを知っていますか」と聞かれ、「知らない」と嘘をついたことがそれほど責められることでしょうか? 相手は「右翼」かもしれず、少なくともこちらは女性で相手は男性です。男性にはわからないかもしれませんが、女性は知らない男性に警戒心を抱くものです。女性は昔から男性に支配され、時にはレイプされ、差別されてきたからです)。

 「意見交換したい」「交流したい」人が素姓を偽って電話するでしょうか? NOです。それでは相手から決して信頼されません。それを知りながら素姓を偽るということは、何か後ろめたいものがあるか、嫌がらせをしていると無意識かもしれませんが自覚している証明です。しかも「白川」さんは声色を使ってきたこともあるのです。正々堂々と電話できない事情があるのでしょう。あまりに下手な声色なので、すぐにわかり、私が注意してからも何度も使っていました。いったいどういう神経をしていらっしゃるのでしょう? 

 こういうのを「卑怯」と言います。みなさん、そうですよね?

 今回「白川」さんから電話があった時、私は短い来客(物を届けに来るだけ)と、その後の外出の予定の寸前でした。だから「今からでかけるから」と言って断ったのです。来客中に「白川」さんから電話があり、勝ち誇ったように「いましたね。でかけるなんて嘘ですね」と言ったのです。つまり私が本当にでかけるかどうか、電話を切るために嘘をついたのではないかと疑って、疑うだけではなくチェックしてきたのです。

 「交流したい」人がこういうことをするでしょうか? 「白川」さんのしたことは、人間を信頼しない、人間の尊厳を認めないということです。人として最低だと思います。私は基本的なところで私を信頼してくれず、嘘をついたのではないかと疑い、さらにチェックしてくるような人とは話す気は毛頭ありません。

 「白川」さん、私のように世にもまれなほど(自分で言うのもなんですが本当のことなので)正直な人間ではなく、山田宏前杉並区長や藤原和博和田中前校長のようなお金大好きで悪のかたまりの大物を疑った方がずっとずっと世のため人のためになりますよ!! 

 白川or白河さんへ   2010.11.29

 7月に私が怒って切った電話以来電話がなかったので、次の記事をお読みになり、さすがに恥ずかしくなって電話できなくなったものとばかり思っていました。そうしたらお読みになっていなかったとのことなので、まずこちらをお読みください。

「人」としてのあり方 (この記事の前半部分です)。

 昨日の電話でも「さっき電話にでた女性が『出かけている』と言った。居留守を使った」とおっしゃいました。その「女性」は妹ですが、正直な人間で「出かけている」なんて嘘をつくはずがありません。後に訂正されましたが、どうしてそんなにすぐに口からでまかせが言えるのでしょうか? いつもそんな調子なので、いくら訂正されてもとても信頼できません。 

 ところであなたは表現の自由の意味も国民主権の意味も、なにもおわかりではないようです。あなたは私が裁判所や杉並区に「根拠のない文句を言って(いいがかりをつけ)迷惑をかけている」という見方をしています。しかし、裁判官も区長も区議会議員も私たちが払った税金で食べているのです。つまり彼らは国民、区民の幸せのために仕事をしているはずなのです(例外を除き、現実はとてもそうとは言えない)。ですから裁判を起こしたり、意見を言うのは国民の当然の権利です。同時に国民の義務でもあるのです。憲法を読んでみましょう。

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。  

 「不断の努力」とは権力(政府、裁判所、区長など)を監視する努力のことです。厳しく監視しなければ権力は必ず腐敗し、私利私欲に堕落するのです。人間はみんな金儲けが大好きだからです。そして本来裁判は、国民が権力を監視する=主権を行使する手段です。

第32条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

 しかし日本の司法は腐敗しきっています。刑事裁判の99.9%が有罪になること(つまり裁判所は検察の主張を追認するだけであること)をあなたはご存じなかったようですね。行政裁判でも常に権力擁護の判決がでると言っても過言ではありません。ごくごくたまにそうでない判決がでるときは、裁判官が退官まぎわで出世を考える必要がなくなっていたり、辞職を前提にしていたり、そうでないとその後左遷されたり、最悪の場合は自殺してしまったりします。

 あなたはいつも少数意見を少数であるというだけで否定し、ばかにしますが、少数意見は間違っているという根拠はどこにあるのですか? 多数派に属するのは楽で、多数派の意見は言いやすいのです。少数派であるとわかっていて、それでもなお意見を言うのはなぜだと思いますか?

 あなたは私の意見が中核派など過激派と同じだと言いますが、私が中核派だといまだに疑っているのでしょうか? 私が組織やセクトが大嫌いだと繰り返し書いているのを知らないのですか? 中核派は私の仲間の杉並オンブズが政務調査費について住民監査請求を行っていることに対して、「山田(前区長)の手先だ」と非難しているそうです。政務調査費を好き勝手に使いたい中核派の議員がいるからです。自分の都合のためにはなりふりかまわずどんなことでも言うのです。これがセクト(党派)です。私が中核派だとしたら、杉並オンブズに関係しているのはスパイ行為でしょうかね?

 結論を言うとあなたが「裁判所や杉並区に迷惑をかけているから止めさせなければ」と電話をかけてくることは主権者である国民の権利行使への妨害です。国民には裁判を受ける権利があるのです。

 前にも言いましたが、あなたが杉並区民なら私などにかまっていないで、田中良新区長が何をするのかしないのか、区民の幸せのために働くかどうかを監視したほうがずっとずっと身の為ですよ。区政というのは区民を直接に幸せにもし、不幸にもするもので、区議会議員なんてほとんど役に立たず(少数派の議員さんごめんね)区長のやりたい放題だからです。その気になれば金儲けでもなんでも。

【追記】読み返して、あなたは「権力」という概念自体を認めていないことを思い出しました。あなたは「性善説」ですね? 人間はみんな善、まとも、金儲けには興味がない、医療は命を救うetc.を信じているに違いありません。お幸せなかたですね。(そういう人を「おひとよし」とも言います)。

★ 私はこれ以上あなたと「交流」する気はありませんので、電話をよこしても即、切ります。話したくない相手と話す義務はどこにもありません。

***** ここまで以前にUPした記事でした。

【追記の2】まえの追記は白河さんをよく解釈しすぎているので撤回します。白河さんは私のことをこれほど目の敵にしているのですから、「人間はみんな善」と思っているはずがありませんでした。そして「おひとよし」は私でしたね。
[PR]

by lumokurago | 2011-02-14 12:48 | 嫌がらせコメント

白川or白河さんへ

 7月に私が怒って切った電話以来電話がなかったので、次の記事をお読みになり、さすがに恥ずかしくなって電話できなくなったものとばかり思っていました。そうしたらお読みになっていなかったとのことなので、まずこちらをお読みください。

「人」としてのあり方

 昨日の電話でも「さっき電話にでた女性が『出かけている』と言った。居留守を使った」とおっしゃいました。その「女性」は妹ですが、正直な人間で「出かけている」なんて嘘をつくはずがありません。後に訂正されましたが、どうしてそんなにすぐに口からでまかせが言えるのでしょうか? いつもそんな調子なので、いくら訂正されてもとても信頼できません。 

 ところであなたは表現の自由の意味も国民主権の意味も、なにもおわかりではないようです。あなたは私が裁判所や杉並区に「根拠のない文句を言って(いいがかりをつけ)迷惑をかけている」という見方をしています。しかし、裁判官も区長も区議会議員も私たちが払った税金で食べているのです。つまり彼らは国民、区民の幸せのために仕事をしているはずなのです(例外を除き、現実はとてもそうとは言えない)。ですから裁判を起こしたり、意見を言うのは国民の当然の権利です。同時に国民の義務でもあるのです。憲法を読んでみましょう。

第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。  

 「不断の努力」とは権力(政府、裁判所、区長など)を監視する努力のことです。厳しく監視しなければ権力は必ず腐敗し、私利私欲に堕落するのです。人間はみんな金儲けが大好きだからです。そして本来裁判は、国民が権力を監視する=主権を行使する手段です。

第32条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

 しかし日本の司法は腐敗しきっています。刑事裁判の99.9%が有罪になること(つまり裁判所は検察の主張を追認するだけであること)をあなたはご存じなかったようですね。行政裁判でも常に権力擁護の判決がでると言っても過言ではありません。ごくごくたまにそうでない判決がでるときは、裁判官が退官まぎわで出世を考える必要がなくなっていたり、辞職を前提にしていたり、そうでないとその後左遷されたり、最悪の場合は自殺してしまったりします。

 あなたはいつも少数意見を少数であるというだけで否定し、ばかにしますが、少数意見は間違っているという根拠はどこにあるのですか? 多数派に属するのは楽で、多数派の意見は言いやすいのです。少数派であるとわかっていて、それでもなお意見を言うのはなぜだと思いますか?

 あなたは私の意見が中核派など過激派と同じだと言いますが、私が中核派だといまだに疑っているのでしょうか? 私が組織やセクトが大嫌いだと繰り返し書いているのを知らないのですか? 中核派は私の仲間の杉並オンブズが政務調査費について住民監査請求を行っていることに対して、「山田(前区長)の手先だ」と非難しているそうです。政務調査費を好き勝手に使いたい中核派の議員がいるからです。自分の都合のためにはなりふりかまわずどんなことでも言うのです。これがセクト(党派)です。私が中核派だとしたら、杉並オンブズに関係しているのはスパイ行為でしょうかね?

 結論を言うとあなたが「裁判所や杉並区に迷惑をかけているから止めさせなければ」と電話をかけてくることは主権者である国民の権利行使への妨害です。国民には裁判を受ける権利があるのです。

 前にも言いましたが、あなたが杉並区民なら私などにかまっていないで、田中良新区長が何をするのかしないのか、区民の幸せのために働くかどうかを監視したほうがずっとずっと身の為ですよ。区政というのは区民を直接に幸せにもし、不幸にもするもので、区議会議員なんてほとんど役に立たず(少数派の議員さんごめんね)区長のやりたい放題だからです。その気になれば金儲けでもなんでも。

【追記】読み返して、あなたは「権力」という概念自体を認めていないことを思い出しました。あなたは「性善説」ですね? 人間はみんな善、まとも、金儲けには興味がない、医療は命を救うetc.を信じているに違いありません。お幸せなかたですね。(そういう人を「おひとよし」とも言います)。

★ 私はこれ以上あなたと「交流」する気はありませんので、電話をよこしても即、切ります。話したくない相手と話す義務はどこにもありません。
[PR]

by lumokurago | 2010-11-29 19:04 | 嫌がらせコメント

「RELAX」さんへ

 私がコメント欄を承認制にしてからも、しつこく書き込みをしてくる人が一人だけいます。「RELAX」さんです。彼の主張のひとつに「渡辺は海外旅行をしたりして金持ちなんだから、えらそうなことを言うなら教え子のワーキングプアに金をばらまけ」というものがあります。それで何が解決するというのでしょう? 私の教え子は少なく見積もっても500人はいます。彼らに1万円ずつあげて、それで何がどうなるの? 

 ちょっとは真面目に考えて下さい。

 私は自分のできる範囲で寄付すべきところには寄付しています。こづかいとして使ってしまうようなところにではなく、もっと社会的な活動をしているところにです。こんなことを言うつもりはなかったのですが、「RELAX」さんがあまりにも浮世離れしているので、「教えてあげます」(彼の常套句)。

 ワーキングプアの問題を解決するためには、社会的な制度を変えなければならないのです。労働者派遣法の改正について、国会で話し合っているのを知っていますか? どのように変えればワーキングプアがなくなるのか、このことをこそ、国民全員で考え、政府に提起し、法律を変えていかなければならないのです。1度変えても不足なら、もう一度変えるように働きかけていかなければならないのです。

 ワーキングプアの問題を解決したいと思っているのなら、もっと目を開いて、広い視野に立って考えてください。私一人を攻撃して何になるのですか?

 あなたの書き込みの内容はいつも同じなので、私はもう読まずに削除しています。だいたい表示されないとわかっているのに、しつこく書き込みを続けるあなたの気持ちは理解不能です。コメント欄を許可制にしてから「電撃さん」やほかの人たちは書き込みをやめました。それが普通の感覚です。

 書き込みを続けるあなたは「普通」ではありません。いくら書きこんでも読まずに削除するので、まったくの時間の無駄だと「教えてあげます」。
[PR]

by lumokurago | 2010-08-03 23:36 | 嫌がらせコメント

「人」としてのあり方

 「白川」さんとやら、いままでうんざりしながらも一応はお相手してきた私が、なぜ急に怒って「あなたとは話したくない」と言って、電話を切ったのかわかりますか? このことは「人間として」捨て置けない大事なことなので、ここに書いて読者のみなさんにもお知らせし、考えていただきたいと思います。

 「白川」さんはこのブログの読者の一人で、私とは違う考えをお持ちのようで、ご本人がおっしゃるには「意見交換したい」「交流したい」から私に電話をかけてくるそうです。特に「少数派」の意見が認められない様子。「多数派」が正しいのだと信じておられるようです。その根拠はいったいどこに?

 それはともかく・・・

 「白川」さんは何度も名無しで電話していらしたので、私が「もうお名前を名乗ったらどうですか?」と言って、名乗られたお名前です。お名前を名乗られる前、ある時は「和田中の保護者」と名乗られました・・・「和田中の隣にある大きな建物はなんですか」とお聞きしたら「区民センター」とのお答え。違います。正解はブース記念病院です。そしてまたある時は「杉並区民」と名乗られ、「3日前に杉並区に引っ越してきた」とのことでした・・・「杉並のどこですか」とお聞きしたら「西荻窪」とのこと。「以前はどちらにお住まいでしたか」と聞いたら「高井戸」と。高井戸も杉並区内、西荻窪とは自転車で15分ほどの距離です。

 嘘だということを指摘したら、私も嘘をついたからおあいこだとおっしゃるのです。私のついた嘘とは「2ちゃんねるを知っていますか?」という彼の質問に、「知りません」と答えたことです。この嘘と自分の素姓を偽って電話することとは同じ部類にくくれるでしょうか? みなさまにお聞きしたいです。(素姓も明かさず、名前も名乗らない初めての電話で「2ちゃんねるを知っていますか」と聞かれ、「知らない」と嘘をついたことがそれほど責められることでしょうか? 相手は「右翼」かもしれず、少なくともこちらは女性で相手は男性です。男性にはわからないかもしれませんが、女性は知らない男性に警戒心を抱くものです。女性は昔から男性に支配され、時にはレイプされ、差別されてきたからです)。

 「意見交換したい」「交流したい」人が素姓を偽って電話するでしょうか? NOです。それでは相手から決して信頼されません。それを知りながら素姓を偽るということは、何か後ろめたいものがあるか、嫌がらせをしていると無意識かもしれませんが自覚している証明です。しかも「白川」さんは声色を使ってきたこともあるのです。正々堂々と電話できない事情があるのでしょう。あまりに下手な声色なので、すぐにわかり、私が注意してからも何度も使っていました。いったいどういう神経をしていらっしゃるのでしょう? 

 こういうのを「卑怯」と言います。みなさん、そうですよね?

 今回「白川」さんから電話があった時、私は短い来客(物を届けに来るだけ)と、その後の外出の予定の寸前でした。だから「今からでかけるから」と言って断ったのです。来客中に「白川」さんから電話があり、勝ち誇ったように「いましたね。でかけるなんて嘘ですね」と言ったのです。つまり私が本当にでかけるかどうか、電話を切るために嘘をついたのではないかと疑って、疑うだけではなくチェックしてきたのです。

 「交流したい」人がこういうことをするでしょうか? 「白川」さんのしたことは、人間を信頼しない、人間の尊厳を認めないということです。人として最低だと思います。私は基本的なところで私を信頼してくれず、嘘をついたのではないかと疑い、さらにチェックしてくるような人とは話す気は毛頭ありません。

 「白川」さん、私のように世にもまれなほど(自分で言うのもなんですが本当のことなので)正直な人間ではなく、山田宏前杉並区長や藤原和博和田中前校長のようなお金大好きで悪のかたまりの大物を疑った方がずっとずっと世のため人のためになりますよ!! 
[PR]

by lumokurago | 2010-07-24 17:52 | 嫌がらせコメント

ルール違反

  長らく「ホンマタイムス」をリンク欄に入れてきましたが、はずさせていただくことにしました。 そっとはずすだけにしようか、それともはっきり理由を言うことにしようか迷ったのですが、私の性格上、理由を述べることにしました。

  以前、「電撃」と名乗る人がホンマタイムスコメント欄で、私と何の関係もないちらしを私が作ったものとして批判していました。それに対して本間さんや他の人びとも私が作ったものかどうか確かめもせず、それに同調し、私についてうわさ話のようにいろいろおしゃべりしていました。私にとっては、裏で陰口をたたいているに等しいそれらは読むに耐えないものでした。彼らは私がそれを読むことを予想していなかったのでしょうか?  読んだ時の私の気持ちを考えなかったのでしょうか?  とても不思議です。 

  まじめに批判する気持ちがあるなら、批判というものは本人に直接言うべきものだと思います。裏で陰口のようにうわさ話をするほど卑怯かつ非生産的なことはありません。しかもインタネットのコメント欄は世界中に開かれたものなのです。井戸端会議でうわさ話するのとは違います(それも私は嫌いですが)。

  その後、このブログに嫌がらせコメントが多くなった時も、彼らはホンマタイムスで「電撃」とやりとりし、このブログについてうわさ話をしていました。彼らに悪気はなく、むしろ私を心配してくれているのだということは重々わかっていますが、本人としてはとても嫌な気持ちになりました。しかし、このことについて、そのコメント欄でやりあってもわかりあえるとは思えませんでした。簡単にわかり合えるなら、もともとそんなことはしないからです。そこで私は次のコメントをし、ルール違反であることを指摘しました。

*****

  以前もあることないことうわさしてましたが、本人のいないところで勝手なことをいうのはルール違反で卑怯です。以前は事実誤認もありました。コメントではらちがあかないから黙っていましたが。言いたいことは直接本人に言ってください。みなさんを見損なっていましたし、もう(ブログに)こないでほしいくらいです。今十分な返信もできませんのでお断りしておきます。特に本間さんは私のことをまだ何も知らないのだと伝えておきます。(入院中の病院より)

*****

  しかしその後の本間さんのコメントを読むと、私の言っている意味がわかっていないようです。「みなさんを見損なっていた」というのは、批判があるなら直接言ってくれる人たちで、陰でうわさ話をするような人ではないと思っていたという意味です。また、「電撃」と裏でなあなあのやりとりをするような人だとは思っていませんでした。もちろん彼らが誰とつきあおうが彼らの自由で、私の口だしすべきことではありません。しかし「電撃」は私のブログにさんざん嫌がらせコメントをしたのですから、私の友人であれば、わざわざつきあおうとはしないのではないでしょうか?  ま、この点は「つきあうな」とは言えませんので、裏でつきあっていることを知って嫌な気持ちがしたとだけ言っておきます。(本間さんは自分のブログなのでなんらかの対応をすることは当然であり、その姿勢を責めているわけではありません。他の人について感じたことです)。

  これが私の正直な気持ちです。今後私への批判は直接お願いします。その上で「電撃」とつきあおうがどうしようが、私には関係のないことです。私はコメントを承認制にし、嫌がらせコメントの主とはつきあう気がないことを表明しました。
[PR]

by lumokurago | 2010-02-28 14:07 | 嫌がらせコメント

新春特別サービス終了です

 0:00となりましたので、新春特別サービスは終了させていただきます。「伸ばせ」というご意見もありませんでしたので、これ以降お返事はしません。
[PR]

by lumokurago | 2010-01-04 00:01 | 嫌がらせコメント

嫌がらせコメントについて心配してくださる方へ

 嫌がらせコメントについて「無視するように」「削除してはどうか」というメールをたくさんいただいています。ご心配ありがとうございます。

 嫌がらせコメントをする人に対しては「お互いに自分の信念を貫きましょう。どんなことを言われても私は変わらないし、あなたがたも変わらないと思うので話し合いをしても無駄。読者が心配するのでコメントはお断り」と申し上げました。が、態度は改まらないようですね。

 どういう気持ちで、またどういう目的でコメントしてくるのかわかりませんが、ずいぶんお暇なものだと感心しつつ、ふだんあまり接することのない方々の生態を観察、研究させていただいています。みなさまには目ざわりかもしれませんが、しばらくの間、このままにしておきますので、ご了承ください。私は全く気にしていませんので、ご心配くださらないようお願いいたします。逆に、「えっ、こんなふうに思っていたのか」と気付かされることが多く、いろいろと勉強させていただいています。お断りしているのにストーカーしてる方々ですので、お相手してさしあげる必要はございませんので念の為。

 十分勉強させていただいたら、ストーカーのコメントはブログ主催者の権限で削除いたします。
[PR]

by lumokurago | 2009-11-22 22:35 | 嫌がらせコメント