暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:自然 (nature)( 211 )


昨日の夕景 (I公園)

c0006568_8202381.jpg

c0006568_8204572.jpg

c0006568_821779.jpg
 Yさんからいただいた写真です
[PR]

by lumokurago | 2012-02-20 08:21 | 自然 (nature)

東京 消える生き物 増える生き物 (川上洋一)

c0006568_18294522.jpg
 陶芸家・川上きのぶさんの夫・洋一氏の新刊をいただきました。

 東京から自然が失われて久しい。多くの種類の生き物も姿を消した。と思っていた。しかし、消える生き物に変わって増えている生き物もいるのだ。どんな生き物が消え、どんな生き物が増えたのか。

 いま、ハヤブサが新宿高層ビルを崖にみたてて、ドバトを狩りしているという。オオタカも都内の公園で繁殖しているそうだ。人間のだした生ごみをねらうドバトやカラスをエサにしているから、東京に自然が戻ったとは言えないが、思わぬところで思わぬ生き物が台頭するものだ。

 春になると飛び交うモンシロチョウ(だと思っていた)なんと、昭和30年代に皇居前広場などを別として姿を消したという。モンシロチョウと思い込んでいたチョウは・・・ちょっとみつけられないので、ご自分でみつけてください。

 スズメはめったにみかけなくなってしまった。それ以前にオナガが姿を消した。コゲラをみかけるようになった。これはなぜなのか。

 生き物好きのかたはぜひこの本を読もう。なるほど。と思わされる。東京にも生き物は毎日の糧を得て、暮らしているのだ。
[PR]

by lumokurago | 2012-01-10 21:11 | 自然 (nature)

岩手北上 夏油スキー場

c0006568_17125877.jpg

c0006568_17131679.jpg

c0006568_17134215.jpg
 友人が北上に出張で、一緒に行って温泉に2泊してきました。世の人びとは忙しく、時間が取れませんからね。東北には花で有名な山がたくさんありますが、この近くの焼石岳もそのひとつです。いつか行きたいと思っていましたが、縦走すると山中1泊となり、山小屋がないのでテント持参となります。それで結局行かずじまいになってしまいました。

 夏油スキー場で紅葉まつりをやっていて、屋台がたくさんでていました。ゴンドラに乗ってスキー場の一番上まで行きましたが、紅葉はやっと色づき始めたかというところ。ナナカマドの赤い実が映えていました。
c0006568_17213739.jpg

c0006568_17215876.jpg
 車いすで付近を散歩。小さな花がたくさん咲いていました。これはアカマンマです。やはり、車の速度と歩きの速度はぜんぜん違う。みなさん、歩ける人、歩かなければだめですよ。歩かなければ何も見ることはできません。

 それにしても遠い北上まで東京駅から新幹線でたったの3時間。情緒がないなあ。この上、リニアモーターカーまで作ろうとしているなんて、狂気の沙汰だわい。

 焼石岳にはなかなか行かれませんから、写真だけ楽しませてもらいましょう。 焼石岳に水、そして花
[PR]

by lumokurago | 2011-10-11 17:25 | 自然 (nature)

ブラジルよりも遠い島からのお客様

 おお、びっくり! 今日、船で27時間半もかかる母島からお客様がみえました。これだけの時間があれば、地球の反対側のブラジルにも行けるそうで、小笠原は一部の人びとに「ブラジルよりも遠い島」と呼ばれています。

 母島のアンナビーチユースホステルのオーナー・田澤さんと次女の杏奈です(私はうつ病の転地療法のため、2002年に約3ヵ月小笠原に滞在していました)。杏奈は中学2年生。母島には高校がないので、中学を卒業すると島をでることになっています。父島には小笠原高校がありますが、内地の高校も一つ見学することになっているということで、都立西高校を見学に来たそうです。うちは西高から徒歩20分なので、足をのばして来てくれたのでした。私の母校だと言ったら驚いていました。ちなみに杏奈には西高に入ったらうちに下宿してと言っておきました。

 杏奈たちの描いた絵本はこちらです(一番下)。

c0006568_2030887.jpg
 去年の6月。父島で。
c0006568_2032268.jpg
 母島の夕陽
c0006568_20332213.jpg
 アンナビーチユースホステルからの虹
c0006568_20341038.jpg
 杏奈の妹・ゆきな(本邦初公開)

 去年の小笠原の絵はこちらです。
[PR]

by lumokurago | 2011-07-22 20:38 | 自然 (nature)

一昨日の夕焼けです

c0006568_200160.jpg

c0006568_2005479.jpg
 電線が邪魔です。空を撮りたいと思うと、いつもいつも電線が邪魔しています。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-06 20:02 | 自然 (nature)

熊野便り

c0006568_1544295.jpg

c0006568_15445024.jpg

c0006568_15451053.jpg
 熊野在住の鈴さんに送っていただいた写真です。この桜を一緒にみようと思っていたのになあ。
[PR]

by lumokurago | 2011-04-21 15:46 | 自然 (nature)

c0006568_9252361.jpg
 愛媛の奥村さんちの玄関前広場です。奥村さんちは限界集落のどんづまりにあります。ここから先は○○キロ、家はありません。お風呂は五右衛門風呂で薪で焚いています。うう、寒そう。
[PR]

by lumokurago | 2011-02-16 09:29 | 自然 (nature)

熊野便り

c0006568_18542380.jpg

c0006568_18544527.jpg

c0006568_1855138.jpg
 
c0006568_1855223.jpg
 鈴さんお住まいの熊野の写真です。今日は大雪で車を途中で預け、夫さんにお迎えに来てもらったそうです。大変だあ。猫の鈴(リン)ちゃんはセーターを買ってもらいました。

 元はこちら。

 私はといえば、教え子と赤ちゃん、ご両親、同僚らと暖かなひと時を過ごしました。今日も幸せ。我ながらいい性格(いつも幸せと感じる)でありがたや、ありがたや。
[PR]

by lumokurago | 2011-01-16 18:58 | 自然 (nature)

箱根

c0006568_20293399.jpg
 大涌谷からの富士山。昨日は雲の中でしたが、今日はきれいに見えました。向かって左に小さく南アルプスが見えています。私たちは北岳か仙丈かと言っていましたが、地図で確かめたらそんな北の山は富士山に隠れて見えないはずで、まるっきりの見当違い、赤石岳以南の山でしょう。
[PR]

by lumokurago | 2011-01-07 20:31 | 自然 (nature)

パラオ

c0006568_17231499.jpg

c0006568_17233239.jpg
 母島で知り合った和代さんがパラオに行ってきました。エイのいる海やクラゲのいる湖で楽しんできたようです。
[PR]

by lumokurago | 2010-12-30 17:24 | 自然 (nature)