暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:自然 (nature)( 211 )


autumn in Norway

c0006568_21425126.jpg

c0006568_21433769.jpg

c0006568_21435199.jpg

[PR]

by lumokurago | 2009-10-09 21:44 | 自然 (nature)

autumn in Norway(from Veronica)

c0006568_21584946.jpg

c0006568_21592897.jpg

c0006568_220328.jpg

[PR]

by lumokurago | 2009-10-09 10:57 | 自然 (nature)

裏剣

c0006568_2129622.jpg

c0006568_21293316.jpg

c0006568_21294872.jpg

c0006568_2130434.jpg
 1984年9月の連休の裏剣(北アルプス剣岳の裏側)です。ここは仙人池。

 この時も人は少なく、仙人池で出会ったのはたった二人でした(記念撮影したので覚えています)。欅平に降りる途中に山ブドウがあり、たーくさん取って葡萄酒にしました。山ブドウの葡萄酒、最高です。この頃はそんなことができたんですね!(こないだの大雪山でもコケモモとクロマメノキ、取っちゃった!)
c0006568_21503926.jpg
 最近「思い出集」みたいになってます。この時、私は30歳でした。こんな強行軍の山行をして(両夜行山中3泊)なんて元気だったのでしょう!
[PR]

by lumokurago | 2009-10-07 21:52 | 自然 (nature)

大雪山高原沼の紅葉

c0006568_21335587.jpg
 
c0006568_21341652.jpg

c0006568_21344079.jpg

c0006568_21351018.jpg
 昨日のつづきで、大雪山の麓にある高原沼の紅葉です。私たちは山からここに降りてきたのです。沼は大小40いくつあって、その中のいくつかをめぐることができます。この日は小雨が降っていました。当時は誰もいなかったけど、今ではすっかり観光地化していて、紅葉の時期は人がぞろぞろ歩いているそうです。
[PR]

by lumokurago | 2009-09-28 21:35 | 自然 (nature)

北海道大雪山忠別沼~白雲岳付近の紅葉

 1986年9月の連休の大雪山南部の紅葉です。写真のサイズが大きいので重いと思います。ごめんなさい。
c0006568_226370.jpg
旭岳~白雲岳
c0006568_2205745.jpg
白雲岳
c0006568_2262796.jpg
 後ろは忠別沼
c0006568_2265431.jpg

c0006568_2294666.jpg
 台風のものすごい風の中、忠別と白雲の避難小屋に3泊しましたが、毎晩妹と2人だけでした。山でも誰にも会いませんでした。雨も降ったのですが、風に雲が吹き飛ばされて虹も見えました。今では中高年登山ブームでツアー客があふれていることでしょう。夏に遭難があったトムラウシの近くです。
[PR]

by lumokurago | 2009-09-27 22:12 | 自然 (nature)

クマの悲劇

 先日、乗鞍でクマの悲劇がありました。人間を襲ったからと殺されてしまったのです。襲われた人は気の毒ですが、私は「なにもクマを殺さなくてもいいのに! 悪いのはもともと人間なのに!」と怒っていたところ、松田まゆみさんが記事を書いて下さいました。いつもながらの冷静で丁寧な文章です。私の雑で言いっぱなしで時に感情的な文章に比べ、なんと説得力があるのでしょうか。ぜひお読みください。

乗鞍スカイラインの自然破壊
[PR]

by lumokurago | 2009-09-27 17:50 | 自然 (nature)

武蔵丘陵森林公園

c0006568_2121641.jpg
このクモがいっぱいいました。これは中でも最も大きく立派なものです。左下に子ども(?)がいます。松田さん、名前を教えてください。
 ところで、今日またNHKで田部井淳子さんと内多アナウンサーの北アルプス縦走記録を放送したのですが、立山から五色が原、薬師岳、高天原、雲ノ平、三俣蓮華岳、槍ヶ岳、大キレット、北穂、奥穂、ジャンダルムという大縦走だったのに、人間ばかり映して、景色はちょっとしかやりませんでした。泣・・・。この番組を作った人は山が好きな人ではないと思いました。
c0006568_21214589.jpg
山路のホトトギス
c0006568_2122051.jpg
同じく白花
c0006568_21223930.jpg
クイズ:このオブジェは何でしょう?
[PR]

by lumokurago | 2009-09-23 21:28 | 自然 (nature)

泡瀬埋め立て中止へ

 前原沖縄担当相は17日、国土交通省で会見し、国と県などが沖縄市で進めている泡瀬沖合埋め立て事業について、「1期(区)中断、2期(区)中止の考えを持っている」との見解を示した。財源確保のため無駄な公共事業を見直す民主党の方針を説明したうえで、「これからさまざまな地域で公共事業が見直されていく。地域の声を聞いて事業評価をして事業を進めるかを判断するが、「(泡瀬埋め立て事業は)1期中断2期中止の方向で進めていきたい」と同党の沖縄ビジョンで明記した姿勢に変わりがないことを強調した。(沖縄タイムス2009.9.18)

 ヤンバルの奥間ダムも中止か!

 県企業局の事業再評価委員会(委員長・野崎四郎沖縄国際大学教授)が10日、県庁で開かれた。国(事業主体)と企業局が、国頭村奥間川流域で進めている奥間ダム(総事業費・約375億円、日量1万6200立方メートル)の建設計画について「計画から撤退すべき」と提案した。費用対効果が低く、当面は既存ダムや水源の有効活用などで水需要に対応できると結論づけた。事業費の約7割を負担する企業局が撤退すれば、計画への影響は必至。国は建設の中止も含め、事業の見直しを迫られる。

 委員会の判断に対し、企業局は「尊重したい」としており、週明けにも正式に撤退の方針を決める。沖縄総合事務局は「治水の観点から事業は必要と考えている」としているが、単独での現計画の継続は困難とみられる。一度、事業化されたダムの建設が中止となれば、県内では初めてのケースという。(沖縄タイムス2009.9.11)

 JANJAN記事 豊かな自然の残る奥間川 秋の沖縄紀行(4)

つづき 車に轢かれる動物たち 秋の沖縄紀行(5)

 松田まゆみさんもダム見直しについて書いておられます。ダム見直しへの期待と補償問題

 この狭い日本にさらに143ものダムを作ろうとしていたとは!!!民主党がんばれ!!!

 それからうちの近所のいらない道路、放射5号線と外環道も中止して下さい。
[PR]

by lumokurago | 2009-09-20 21:11 | 自然 (nature)

せっかく美しい大雪を取材したのに

 今、NHKで大雪山をやっていました。真夏でも厚さ25mもある雪渓の謎を解き明かすのはいいけど、せっかくあの美しい大雪を大がかりに取材したのに、ゲストが何人も出ておしゃべりして時間を取られ、美しい映像を流した時間が短すぎ。しかも同じ映像を2度使っていました。

 「うるさい! ひっこめ!」 とテレビに向かって怒鳴りつけてやりました。(この頃よく、テレビに向かって「死ね」と言ったりして、ストレス発散しています)。

 旅番組なども、食べ物ばかりで景色などほとんど出さないし(だから全く見る気がしない)、このあいだも検査に行ったクリニックにあった写真雑誌に「パラオ」と書いてあるのが見えたので、見てみたら、ホテルの宣伝ばかりで、景色の写真はただの1枚もありませんでした。日本人の感性、狂ってるね! というか、私の感性がすでに「化石」なのでしょう。もうすぐ退場もちょうどいいと思います。こんな世の中、とてもついていけない。

 非常に珍しく楽しみにしていた番組なのに、がっかり・・・。
[PR]

by lumokurago | 2009-08-29 23:18 | 自然 (nature)

ツバメのヒナ

 
c0006568_16543455.jpg

c0006568_16545763.jpg
 固くてむずかしい訴状などに長々とおつきあいいただきありがとうございました。いつものツバメの巣ですが、今年のヒナは遅いですね。もうとっくに巣立ってしまったものとあきらめていました。親ツバメが餌を運ぶ瞬間を撮ろうと思って、カメラを構えて待っていたのですが、あっという間に餌を与えて飛び去ってしまうので、1枚も撮れませんでした。

 2007.7.17はこちら。
[PR]

by lumokurago | 2009-08-10 16:56 | 自然 (nature)